ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

年収アップを目指して東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して稼ぐには

タクシードライバーに転職すれば年収が上がるという噂を聞いたことがあるでしょうか。

東京を舞台として選ぶと他の職業に比べても雲泥の差で稼げるようになる人もいるのは確かです。
転職して稼げるようになるにはどうしたら良いかを知っておきましょう。

タクシードライバーはプライベートを楽しみながら稼げる職業だと知ろう

タクシードライバー(乗務員・運転手)の中には月収50万円以上をキープし続けて年収を800万円以上にまで引き上げている人も大勢います。転職してすぐにそんなに稼げるようになるわけではありませんが、だんだんと稼ぎ方がわかってくると飛躍的に年収が増えるのが魅力です。一般的にタクシードライバーは売上を上げることによって収入が増える仕組みになっています。毎月固定給が支払われるわけではなく、売上に比例する形で上乗せがあるのです。歩合制と呼ばれる仕組みで、売上のうちの一定の割合が給与に加算されます。たくさん働いて大勢の乗客を集めるのに成功するとそれだけ稼げることになるのです。

深夜料金もあるので夜に働くとさらに稼ぎやすくなります。ただ、夜勤ではプライベートの生活があまり充実しなくなるのではないかと懸念する人もいるでしょう。しかし、タクシードライバーには隔日勤務もあるので心配はいりません。朝から翌早朝まで働き、翌日は休みにするという形で働けるのです。休みの時間を十分にプライベートに使って楽しみながら稼げるでしょう。タクシードライバーはワークライフバランスの面からも優れていると言えます。

給与体系を確認しておくのが必須

転職して稼げるようになるためにはどんな給与体系になっているかを確認した上で求人に応募することが大切です。実は給与体系がタクシー会社によってかなり違うため、同じように売上を上げていても手に入る給料にはかなりの差が生じます。まず、固定給のところ、完全歩合制のところ、一定額の基本給に歩合制で上乗せするところがあります。売上を上げるほど完全歩合制の方が年収は上がりやすいですが、転職したてでノウハウがないうちは収入がゼロになりかねないので注意しましょう。

収入の観点から安心して転職できる職場を選び、さらに稼げるようにもなる可能性が高い給与体系の会社を選ぶのが賢明です。給与保証があって入社直後は一定の給与をもらうことができ、その後も万が一、売上が乏しかったときのことを考えて基本給がある会社を選んだ方が良いでしょう。そして、できるだけ歩合率が高い会社を選べば売上を上げるモチベーションが高まります。歩合率も会社によって違い、高い場合には60%以上にもなっているのが現状です。年収を大幅に引き上げるためには歩合制を取り入れていることが重要なので固定給のところは避けておきましょう。

稼げる環境が整っているエリアと会社を選ぶのが肝心

歩合制で売上に応じて稼げる会社に転職できたら、いかにして稼ぐかを考えることが重要です。環境要因ですぐに稼げるようになるか、いつまでも売上が上がらずに困るかは異なります。東京はタクシードライバーにとって理想的な場所の一つで、日夜を問わずにタクシーの需要があります。夜間は特に利用者が多いので隔日勤務や夜勤を選ぶと割増で稼ぎやすいでしょう。穴場を見つけて付け待ちをしているだけで十分に月収50万円以上位に到達できるのが東京の魅力です。

しかし、ただ漫然と付け待ちをしていても乗客の獲得競争があるのであまり効率よくは稼げないかもしれません。会社の環境も重視して転職すればこの問題も克服できます。教育研修をしっかりと行い、社内での情報共有もしている優良な会社で働けば速やかに稼げるようになるでしょう。また、歴史や実績があって東京の企業との提携をしているタクシー会社の場合にもハイヤーのオーダーがよく来るので魅力的です。ハイヤーは料金が高めなので大きな収入源になります。東京でネットワークを築き上げてきているタクシー会社に転職すれば、一人前になる頃には年収800万円以上稼げる環境があるでしょう。

東京でどんなニーズがあるかを学ぼう

転職してから他のタクシードライバーに負けまいと頑張って稼ぐためには、東京でタクシーがどんなときによく利用されるかを知る必要があります。夜の駅前で終電を逃した人たちがタクシーを利用するという程度であれば誰もがわかっているでしょう。このような競争率が高い場所ではなく、穴場を自分で開拓して付け待ちをするのが大切です。

例えば、毎日決まって乗客が多い場所は大勢集まってしまいますが、この日だけはタクシーの需要があるといった場所を選ぶと稼ぎ放題になるでしょう。今日は有名な歌手のライブがあるから会場周辺ではタクシーを使う人が多いはずだと考えるのは賢い方法です。あるいは学会のシンポジウムの会場の近くも開会時間や終了時間の前後にはかなりの需要があります。このような催し物が多いのは東京の特徴なので有効活用するのが売上を上げるコツです。

他にも土日と平日では需要がある場所が違う場合もあります。東京には会社員や公務員のように働いている人だけでなく、観光に来る人もいます。今日はどの集団をターゲットにすれば稼げるだろうかとよく考えて付け待ちをすると効率よく稼げるようになるので需要がどう変化しているかを常に気にかけるようにしましょう。それが年収を高い水準で維持し続けるための基本的な方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して、これまでより年収を増やしたり、月35万円以上稼ぐためにできること

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して、これまでより年収を増やしたり、月35万円以上稼ぐためにできること

以前は中高年のリストラの受け皿のように考えられていたタクシードライバーへの転職ですが、最近は年収を増やすために積極的にタクシードライバーに転職する人も少なくありません。東京で働くタクシードライバーとして、どうすれば月35万円以上を稼ぐことができるのか、具体的な方法を紹介します。

タクシー会社選びが鍵

東京でタクシードライバー(乗務員・運転手)に転職して月35万円以上稼ぐためには、どのタクシー会社に転職するかが大きな鍵になってきます。自分がタクシーに客として乗る場合を考えると良く分かりますが、全く聞いたことも見たこともないようなタクシー会社のタクシーに乗るよりも、よく見かけたり、名前が知られているタクシー会社の方が乗りやすいと感じるものです。乗る人が増えれば、それだけ売上を増えますので、人気のあるタクシー会社に転職した方が、収入アップの可能性が高くなると言えます。

大手のタクシー会社は知名度があるために稼ぎやすいのは確かですが、他にも事故や違反をした時の補償や立て替えを会社が行なってくれるかということも事前に確認しておく必要があります。中には全額自腹という会社もありますが、初心者のうちは事故を起こす可能性も高く、事故を起こす度にお金を払っているようですと、月35万円以上稼ぐのは到底難しくなってしまうでしょう。

東京は、日本一人口が多い都市ですので、十分に年収800万円以上稼げる環境であると言えます。まずは、より稼げる可能性の高いタクシー会社を選ぶところから始めましょう。

流し営業で売上を上げるためにできること

初心者のうちは、給与保証があるので、仮に稼げなくても大丈夫という安心感がありますが、それに頼りきっていては、いつまでたっても月収35万円以上のステージには上がれません。

まずは、タクシー営業の基本となる、流し営業で売上を上げることから始めてみましょう。
そのためには、いかにたくさんの客を自分のタクシーに乗せるかということが重要になってきます。客数が増えれば、売上が安定し、日によって大きく売上が下がってしまうという事態を回避することができるからです。客数を増やすためには、とにかく色々な場所を走って道を良く覚えること、次に客が良く見つかる道と時間帯を覚えることが必要です。

稼げない人のパターンとして、客が良く見つかるポイントをあまり知らないということがあります。一旦客を乗せて、目的地で降ろしてから、また元のポイントまで戻らなければならないので、効率が悪いということになります。

一方、客が見つかりやすいポイントをたくさん覚えていれば、客を降ろしてから、次の客が見つかりやすいポイントに行くまでの距離が短くなり、効率的に稼ぐことができるようになるわけです。

事務所から予約を回してもらえるようになる

タクシー会社によっては、予約を受け付けている会社がありますが、それらの予約は当然タクシー運転手に手配されていきます。この予約を自分に回してもらえるようにお願いすることができます。タクシー会社としては、特に常連客に対して失礼なことがあってはいけないので、ベテランドライバーや、接客、地理などの評価が高い人に予約を回すことになります。それで、運転や接客が上達し、地理にも詳しくなってきた頃に、予約を回して欲しいという希望をそれとなくアピールしてみると良いでしょう。

もし順調に予約の手配をこなしていけば、やがてロング客と呼ばれる長距離の依頼客を任されるようになる可能性が高くなります。予約客の場合、わざわざ予約するというだけあって、ロングの場合が多いですが、事務所もロング客の手配には気を遣っていますので、安心して手配してもらえる運転手を目指すのは大切なことです。もし、ロング客を手配されて、その時の対応が良ければ、指名で予約が入るようになることもあります。このようにして、さらに売上を上げる道が開かれていくでしょう。地道に運転技術や接客技術を磨いたり、地理情報に精通することが売上アップの近道になります。

同僚から情報を集めて、売上を上げる

同じタクシー会社の同僚からの情報も売上を上げるのに重要な要素になります。集めると良い情報には、お客さんの情報や事務所からの無線、予約の情報、乗り場や付け待ち場所の情報などがあります。抜け道や近道の情報なども役に立つことがあります。待機場所や事務所に帰ってからの雑談の時などに情報を収集することができるでしょう。仲間にもこちらの情報を教えてあげて良い関係を築いておくなら、事故や故障、クレームなど困ったことがあった時、近くを通っている仲間が助けてくれることもあります。仲間の売上を聞いて自分も頑張ろうというモチベーションが上がることもありますし、仲間との良い関係も売上アップには重要な要素です。同僚からの情報だけに頼るのではなく、自分でも情報を集めるように努力することも大切です。

例えば、電車が故障で運転見合わせといった、路線の運行情報をいち早く知ることは売上アップに繋がります。また、天気の情報も重要です。雨の日など天気の悪い日はタクシーに乗る人も増えます。最近では雨が降り出す時間なども分かるようになってきていますので、休憩時間を雨が降る前に取っておこうという具合に調整して、たくさんの客を乗せるチャンスを失わないようにすることができます。

転職で稼ぐならタクシードライバー(乗務員・運転手)!東京なら高年収が期待できるワケ

転職で稼ぐならタクシードライバー(乗務員・運転手)!東京なら高年収が期待できるワケ

転職を考える人にとって比較的求人の多いタクシードライバーの仕事は、目に留まりやすいといえるでしょう。タクシードライバーは頑張り次第で高い年収を手に入れることが可能です。今回はタクシードライバーに転職するメリットと、収入を上げるコツを紹介します。

タクシードライバ―への転職がおすすめな理由

転職を考える際には、現在働いている職場と同じくらいかそれ以上の年収がもらえる会社を希望している人が多いでしょう。しかしながら再就職する年齢が上がるごとに、これまでのキャリアが活かせる職場に転職するのは門戸が狭くなるのが現実です。
また、キャリアを必要としていない職種に転職する場合には、これまで通り稼ぐのは難しいといえるでしょう。そのため転職して家族を養えるだけのお金を稼げるのかという不安を抱えている人も多いようです。しかしながら、タクシー業界への転職には経験も必要なく、年齢もそれほど気にされません。さらには頑張り次第でそれなりの収入を手に入れることもできるのです。

まず、タクシードライバー(乗務員・運転手)の平均年齢は50代の後半であるといわれています。そのため、求人情報を見ていても年齢の制限がゆるく、応募可能な年齢が55歳までや65歳までといった会社も多くみられます。年金をもらいながらタクシードライバーとして働いている人もいるほど、平均年齢の高い職場であるといえます。
また、タクシードライバーは未経験から始められるのも魅力のひとつでしょう。

応募資格には取得日から3年以上たった自動車の免許を持っているという条件があります。しかしタクシードライバーになるのに必要な二種免許の取得には内定後、タクシー会社が費用を支払って教習所に通わせてくれるケースがほとんどです。そういった理由からタクシードライバーは多くの人にとって挑戦しやすい職業であるといえるでしょう。

タクシードライバーとして働くなら東京がおすすめ

タクシードライバーの年収は地方と都市部では大きな違いが見られます。そのため、本気で稼ぐことを考えるのであれば、人口が多くタクシーの需要がある東京のタクシー会社に転職するのがおすすめです。地方に住んでいる場合であっても寮や社宅が用意されている会社も多くありますので探してみるのがいいでしょう。

東京都内で働くタクシードライバーの平均年収は約400万円です。大手4社では平均年収は450万円近くありますので、できるだけ大手に転職することでより多くのお金が稼げます。ただ、平均年収では稼いでいる人と稼げない人との間に差があるため、稼いでいるドライバーはさらに年収が高いと考えていいでしょう。

タクシードライバーが稼げる理由には完全歩合制があります。完全歩合制では走った距離と売上が比例しますので、サラリーマンのような感覚ではなく、自営業に近いといえます。売上げを伸ばせば伸ばすほどに給与が増える仕事であるため、やりがいを感じる人も多くみられます。タクシーの利用者が多い東京都内であれば月収50万円以上も可能で、800万円以上稼げる環境も整っているといえるでしょう。

しかしながら国の監査や決まりなどもあり、ひと月に走行できるキロ数や作業時間は決められています。タクシードライバーとして月収50万円以上を得るためには、いかに効率よく売上を上げるかがポイントです。

タクシードライバーとして売上を上げるには?

タクシードライバーとして売上を上げるためには、乗務回数、勤務時間、客単価の3つを上げることが肝心です。詳しく説明すると、乗務回数が平均の1.2倍になるだけで月給は6万5千円ほどアップします。効率よく仕事を行い乗車回数をあげるだけで月収にこれほど大きな差が出ます。勤務時間に関してはひと月に11勤務のところを13勤務にしてみましょう。それだけでも月給は6万円ほど変わります。また、1日に仕事をする時間を1時間だけ多くすることで11勤務の場合には1カ月で11時間多く働くことになり、約2万円ほど上昇します。

しかし、この方法は体力を必要としますので、自分がどれぐらいのお金を稼ぎたいのかによって、頑張り方を変えるのがいいでしょう。さらに客単価を上げる方法は少ない時間で大きな売上げを上げることができます。遠距離の乗客が乗車してくるであろうポイントを押さえ、単価を上げる方法です。運の要素が非常に大きくはなりますが、経験がものをいうテクニックのひとつであるともいえます。他のタクシードライバーとしっかりとコミュニケーションを取ることでも、割のいい乗客を獲得する情報を手に入れることが可能です。

ただ、歩合率のよさや働き方の条件などはタクシー会社によっても差があります。タクシードライバーとしての転職を考える際には少しでも条件に合うタクシー会社を見つけることも大切です。

付け待ちも効率よく活用しよう!

タクシードライバーに重要なのは攻めと守りのタイミングをしっかりと見極めることです。タクシーの営業方法には「配車」「流し」「付け待ち」の3つがあります。

配車はタクシー会社からの連絡によって乗客のいる地点へ向かうことをいいます。流しと付け待ちは攻めと守りであり乗客を獲得する姿勢が大きく違います。道路を走りまわり手をあげている乗客を獲得するのが流しで、駅などの乗り場などといった所定の場所で乗客を待つのが付け待ちです。

攻めの姿勢が重要な流しでは乗客が現れやすい地点や時間帯を日ごろから探し、その地点にタイミングよくあらわれることが肝心です。運よく乗客を見つけ出すのではなく、日ごろの研究が運の良さを引き出すといえるでしょう。守りである付け待ちでは、乗客が多い時間帯や長距離が出せるポイントを選ぶのも大切です。

しかし同じように乗客を待っているライバルが多いこともあり、なかなか稼げないこともあります。そのため休憩時間を兼ねて付け待ちを行うドライバーも多くみられます。

しかし、雨降りや帰宅時間帯などには付け待ちのほうが効率がいい場合もみられます。そのため流しだけにこだわらず付け待ちも上手に活用することが大切です。

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

東京都内で、タクシー会社はたくさんあります。その中で、どの会社に務めれば良いのか、疑問に思っている方も多いでしょう。今回は、都内の勤めたいタクシー会社をランキング形式にしてご紹介していきます。

都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3

1位:蔦交通(日本交通グループ)

【蔦交通のタクシードライバーとは】
・給与保証が1年間最大42万円/月
・月収40万円以上を稼ぐことができる
・日曜完全定休(月半分以上は休み)
・家賃負担24万円/年上京交通費も全額支給
・大型連休の休日あり
・タクシー会社では珍しい連休の相談もしやすい環境。家族の時間も確保できる!
・20~70代の幅広い年代が活躍している
・定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができる。
・安定の日本交通グループに属しており、6年連続業界売り上げ高No.1
・エキスパートドライバーサービス(EDS)といって「観光」「子育て」「介護」など専門分野に特化したタクシーサービスを展開している
・未経験でも、最短9日間でプロの乗務員として乗務

【蔦交通の先輩社員の声】
家賃補助があったのが蔦交通に入ろうと思ったきっかけです。私は東北で訪問営業をしていたのですが、もっと稼げる環境で働きたいと思い上京を決めました。東京の賃料が不安でしたが、月2万円も家賃補助があるなら大丈夫だと思いました。地理についても先輩たちが優しく教えてくれてすぐに覚えることができました。若い年齢を活かして私にしかできない仕事を探しています。十分に稼げるようになり、次はステップアップを課題に日々取り組んでいます。
月収:53万2000円(勤続2年)

2位:大国自動車交通(日本交通グループ)

【大国自動車交通のタクシードライバーとは】
・明確なキャリアパス
・選べる勤務時間(日勤、夜勤、隔日)
・日曜完全定休
・三鷹駅、吉祥寺エリアに近く環境が良い

【大国自動車交通の先輩社員の声】
子どもを生んだ後、社会復帰したい、せっかくなら自分の経験が活かしたい…と考えていた時に出会ったのがこの仕事です。ドライバーは初めてでしたが、お客様に喜ばれるのは大きなやりがい。日曜完全定休なので、プライベートも大事にできるのはありがたいですね。
月収:月収43万8960円(勤続1年)

3位:東京ひかり交通株式会社(日本交通グループ)

【東京ひかり交通のタクシードライバーとは】
・全車:禁煙・カーナビ搭載・各種カード&電子マネー対応
・2016年11月から2017年1月まで、配属後 3ヶ月間40万円 または 6ヶ月間35万円 の選択補償制度あり
・JR京浜東北線蒲田駅から徒歩10分なので、電車通勤のアクセスが良い
・羽田空港への配車も楽に行ける

都内でタクシー会社に転職なら蔦交通がおすすめ

rank_sub
都内で勤めたいタクシー会社ランキング、ベスト3をご紹介しましたが、蔦交通のタクシードライバーがおすすめです。蔦交通では、大手日本交通グループで得られるメリットに加え、営業もしやすい環境です。葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃいます。流し営業の場合もすぐにお客様をお乗せすることができ、初めての方でも十分に稼ぐことができます。2種免許取得サポートや入社後のスキルアップも充実しているので、タクシー業界が初めての方でも、きちんと乗務できるようになります。また2種免許を持っていなくても普通1種免許を取得後、3年経っていれば大丈夫です(AT限定も可)。入社後、提携先の公認教習所で2種免許を最短8日間で取得できます。もちろん免許取得費用は全額会社が負担です。
タクシードライバーへの転職でお悩みの方、日本交通グループの蔦交通にはメリットがたくさんあるようです。安定した会社で、のびのびと活躍してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

個人タクシードライバーの年収は?

タクシードライバーの転職を考える方の中には、個人タクシーのドライバーになることを考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。未経験からでも個人タクシーのドライバーとして独立を目指すにはどのような道筋をたどれば良いのでしょうか。そして、実際年収や生活はどうなのでしょうか。今回は、個人タクシードライバーの年収や生活について、また個人タクシーになる方法についてご紹介していきます。

個人タクシードライバーの年収は?

個人タクシードライバーになるために資格はいるのか?

sub個人タクシードライバーには、資格というより条件が必要になります。まず二種免許を保有し、年齢が65歳未満であること、そして法人タクシードライバーとして会社で雇用されていた経験が10年以上あること、一定期間無事故無違反であることなどがあげられます。年齢や申請する要件によって資格が異なりますので、自分の該当する条件を個人タクシー協会等で問い合わせると良いでしょう。開業するにあたって、実際に使用する車や、車の整備やメンテナンスに必要な経費が自己負担になるため、そのための資金を用意しておくことも重要です。資金は、一般的に約200万円程度が必要になるといわれています。

個人タクシードライバーの収入

個人タクシーのドライバーは稼げるのでしょうか。テレビで見るような、駅等でインタビューを受けているドライバーは、一様に「景気が悪いのか、稼げないよ。」と話していたりしますが、実際には稼げている人もいます。タクシー会社に所属しているドライバーと比べて、収入の振れ幅が大きいという事はあるかもしれません。稼いでいる人の特徴としては、戦略的にタクシーで走り、お客様がたくさんいそうなとところに狙いを定めています。1人でしっかりと独立して、戦略を立てて実行できる人が強いようですね。中には年収1000万円を稼ぐドライバーもいると言われていますが、固定給が無いため収入がゼロになるリスクもあります。

個人タクシーの車種

個人タクシーの場合、会社の社用車を利用するわけではないので、自由に車種を決定することができます。高級感のある車を使っても良いですし、個人タクシーの利点を活かして自由に決めることができます。都内の個人タクシーでは、高級感を演出したいドライバーは、クラウンコンフォートを使うことが多く、色のついたタクシーの場合は、ティアナ、フーガ、カムリ、セルシオ等が多いようです。まれにプリウスを使う個人タクシードライバーの方もいるようです。他にもベンツやレクサス、驚くような車種を使っているドライバーもいます。

個人タクシードライバーになるための方法

前述したように、個人タクシーのドライバーになるにはいくつか資格や条件が必要になりますので、法人タクシードライバーとして経験を積むことがほぼ必須になります。具体的な会社選びですが、将来独立を考えるなら大手の教育がしっかりした会社で経験を積むことが一番です。6年連続業界売上ナンバー1の日本交通グループの蔦交通では、しっかりした教育と福利厚生が充実しています。日本交通グループは、1人1人のドライバーの売り上げが高いため、業界ナンバー1の実績をあげることができています。そのノウハウを、勤務して経験を積むうちに身につけていくとスムーズに独立も考えれるのではないでしょうか。また、業界最高水準の高還元率で売り上げが給与に反映されるので、資金を貯めるという意味でも良い条件です。また、後々独立せずに法人タクシードライバーとして働いていこうと思った場合も安定と高収入があり、安心です。ドライバー初心者から働いていこうと考えた場合、入社後1年間は35万円の給与保障がありますので初心者からでも挑戦できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地理がわからなくてもタクシードライバーになれますか?

初めは地理や道路、駅や名所などわからない方が多いことがほとんどです。
わからないことが多く、不安な方もいらっしゃると思います。
しかし、はじめのうちはわからなくてもタクシードライバーになることができます!
なぜ大丈夫なのかを見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシードライバーの勤務時間

長時間働いているイメージのあるタクシードライバーの勤務時間はどのような種類があるのでしょうか。
会社によって多少変わってきますが、だいたい同じような時間帯となります。
これから働こうという方には気になる勤務体系を見ていきましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

国土交通省は、タクシーの運賃を乗車前に提示するサービス導入の検討を始めました。タクシーに関しては、「運賃がいくらかかるか分からない」「ぼったくりでは」という不安がある方もいます。そんな不安要素の解消をはかるために開発が進んでいます。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客が安心して乗れるように、進化していったら良いですね。

タクシー運賃、確認して乗車可能に、来年度実験

世界から見た日本のタクシー

300_200_1タクシーで、1000円払うとどこまで走れるかを比較してみると。日本のタクシーは、結構高いことが分かります。タクシー料金が安い国を見ていくと、インドのデリーでは、86.960km、タイのバンコクでは、55.399km、メキシコのメキシコシティでは46.564kmという数字が出てきます。それに比べて東京は、2.896kmと短距離しか走ることができません。ただ、ヨーロッパ諸国でもタクシー代は高い傾向にあります。日本以外のアジア諸国では、ほとんどの国で1000円でかなり長い距離を走ることが出来るようです。日本のタクシーが高い理由は、タクシーのサービスをやっていくうえで定められた制度や経費にお金がかかるからです。代表的なのが、人件費、燃料費、車両価格、保険料、車検費用、メンテナンス費用、税金等の日本で事業を営む上で欠かせない項目です。2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客にも料金に関して不安を取り除いて分かりやすくする必要がありますね。

タクシー運賃が事前に分かる

bi_sub今までは、事前に料金が分かると言えば定額制タクシーを利用することぐらいでした。地域にもよりますが、料金が5000円以上になるなら、定額制タクシーサービスを探してを利用すると良いようです。料金は、最短距離で計算して決められていることがほとんどです。渋滞、回り道、時間課金に関する不安が無くなります。または、節約するとしたら相乗りするという方法をとることです。自分と同じ乗り場から、同じ目的地へ向かう人が近くにれば実行できますね。
今回の事前に運賃を確認できる仕組みは、スマートフォンでタクシー予約をする既存の「配車アプリ」をもとに、現在地や目的地を入力すれば、運賃を自動計算して表示します。金額を見てから、利用するかどうかを決められるようになります。サービスは配車を依頼する場合でも、路上で走っているタクシーを拾う場合でも利用できるようにする見込みです。タクシー運賃は、渋滞などによって同じ区間でも運賃に差が出ることもあります。渋滞情報やGPSなどを使ってなるべく実態に近い金額を自動計算できるよう開発が進められています。

ドライバーの技術は

ただ、精度の高いシステムを開発すると言っても、タクシーなど自動車は渋滞や事故などそのときの交通状況、環境要素が関わってきますので、限りなく正確に算出することはかなり難しいことです。ドライバーとしての経験、判断で裏道ルートを辿ったほうがお客さんにとっても良かったということもあるでしょうし、タクシードライバーのプロとしてのスキルは、重要であることに変わりはないでしょう。最悪でもメーターがその金額を超えても安いほうを選択できる制度なのは、先に納得してもらうことで揉め事が起きるリスクが低くなるからかもしれません。人は納得できないものには、お金を払いたくないものですよね。

安定のタクシードライバーなら蔦交通

日本交通グループ蔦交通は、葛飾区にある会社のため、浅草や柴又、スカイツリーなどの観光地が近くタクシーを利用する方が多くいらっしゃる環境です。
日本交通グループの蔦交通なら、定年後も定時制雇用として70歳まで雇用することができます。若い人にはない視点からのサービスがお客様に大変ご好評で、みんなが活躍しています。 まだまだ働けるのに、年齢を理由にあきらめてしまうのはもったいないことです。年を重ねてきたからこそできる気配りや仕事への取り組みがきっとあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本交通、富士急行と初連携、富士山観光のスペシャリストとは?

日本交通株式会社では、富士急行株式会社と初めて連携し、新しいサービスをリリースしました。タクシーを貸し切り、都内から富士山エリアを満喫できる日帰り観光パッケージ商品「都内発着 富士山1DAYタクシー」を10月21日(金)から販売開始します。

日本交通、富士急行と初連携、富士山観光のスペシャリストとは?

富士山タクシー、時間、内容

・取扱開始日:2016年10月21日(金)~
・販売:富士急トラベル
・料金:ご利用人数による
・所要時間:10~11時間(富士山エリアでの観光は8時間)
※出発地及び最終到着地は東京23区・武蔵野市・三鷹市に限る
・予約方法、料金、詳細は下記ホームページへ
 http://www.fujikyu-travel.co.jp/fujiq/taxi.html

日本交通と富士急行がコラボしたタクシー、サービスとは

pixta_18854512_xl
お客様が予約した後、事前に電話にて打ち合わせを行い、お客様オリジナルの観光プランが作成できます。タクシーサービス当日は、東京都内の駅・ホテル・自宅や、指定の場所にお迎えが来ます。東京都内から富士山エリアまで、荷物を持って移動することなく、楽にまわることができます。ご高齢の方、小さなお子様がいる方等、皆さまに安心してご旅行いただける内容になっています。
担当乗務員になるのは、日本交通グループの選抜ドライバーから構成される、エキスパート・ドライバーの中から、さらにこの商品のために特別研修を受けた精鋭です。外国語対応可能で、海外からの大切なお客様の接遇にもピッタリです。また接客スキルも鍛えられているので、国内外のVIPの方へも安心です。観光エキスパート・ドライバーがご紹介するコースであれば、富士山エリアのまだ知られていないこだわりのスポット、豊富な知識・経験を活かした観光ガイドをお楽しみいただけます。このコースの昼食には、富士山を眺めるために建てられた山中湖畔の「ホテルマウント富士」で、限定のスペシャルランチをご提供、富士山を一望できる特別席を確約いたします。

日本交通と富士急行、連携の理由

日本交通と、富士急行が連携したのは、双方の共通点があったからだと言えます。
日本交通グル―プは、「Japan Hospitality」をテーマに皆様を幸せにできる移動空間の提供を目指しています。
富士急行は、創業精神「富士を世界に拓く」のもと、富士山周辺に事業を展開しています。
この二社が協力して、増加する訪日外国人やご高齢者など幅広いお客様へ、富士山の新たな楽しみ方を提供していく見込みです。

日本交通グループの観光タクシー、エキスパートドライバーサービスとは

sub23
主に、都内の東京観光タクシーを取り扱っていますのでご紹介します。
専門知識を持った精鋭乗務員が、東京をガイドいたします。ご乗車には、家族・友人など最小単位でタクシーを貸切り、タクシーならではの細やかな移動で東京の観光スポットを巡ることができます。多くの担当乗務員が、東京シティーガイド検定を取得済で、英語・中国語など、語学堪能な乗務員も多数在籍しています。
東京観光タクシーを、お得に使う方法として増えているのが、空港送迎と兼ねて利用するという方法です。都内から羽田空港までタクシーだと、空港定額割引を利用して10,000円近くかかります。それならば、帰りのフライトの時間に合わせて都内観光をして、そのまま空港で降ろしてもらうという合わせ技が有効です。4時間使っても19,790円で、差額が9,000円くらいです。2人か3人で希望の観光地を回り、荷物もトランクに預かれます。歩かないで手軽に観光できるのが嬉しいですね。東京観光タクシーを空港行と兼ねて使えば、余計な疲れ・ストレス無く、観光バスよりも安上がりになったりします。

日本交通グループの新しいサービスのカタチ

日本交通グループでは、たくさんの新しい取り組みをしています。新しい時代を創るタクシーサービス、これからますます需要が増えていきそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加