東京都でタクシードライバー転職を考えている人へ!気になるドライバーの給与と待遇を紹介

転職を検討していて、いままでやってきた業種をガラリと変えようと思っている人は、未知の仕事に対する不安を抱くこともあるのではないでしょうか。
東京都でタクシードライバーに転職しようと思っているけれど、やっていけるかどうか不安という人は、まず給与や待遇を把握しましょう。

今回は、東京都のタクシードライバーの給与と待遇面がどのようになっているか紹介します。

東京のタクシードライバーの平均年収は470万円

まず、タクシードライバーの給与は歩合制なので、お客さんをたくさん乗せるだけ給与も上がります。
だから、たくさん稼ぎたいならお客さんをどれだけ多く乗せられるかが重要になるのです。

その点を考慮すると、東京はタクシードライバーをするのに最適な場所と言えます。
東京都は人口が密集しているため、タクシー利用者も多く、その分高い給与が期待できます。
その証拠に、交通新聞社の発表によると、2018年度のタクシードライバーの平均年収は、全国では348万円でしたが、東京は470万円という結果でした。年収が120万円以上も高いのです。

あくまで平均年収なので、東京都のタクシードライバーのなかでも儲けている人とそうでない人がいます。
儲けの少ない人は東京でも年収が300万円以下というデータがあります。
しかし、これは他のドライバーとの競争に負けているからというよりも、営業努力が足りないためと言えるでしょう。

東京ハイヤー・タクシー協会の調査によると、東京都では一日に約85万人がタクシーを利用しています。
それに対して一日に稼働しているタクシーの台数は約2万2千台なので、理論上ではタクシー1台あたりに30人以上のお客さんがいるわけです。

東京では大勢のタクシードライバーがぎりぎりのところでお客さんの取り合いをしているわけではありません。
きちんと努力さえすれば、平均年収ほどの額は稼げるのです。

東京都ではタクシードライバーは稼げると紹介してきましたが、たくさん儲けられるのはベテランドライバーで、転職したばかりの頃は稼ぎが少ないのではと思う人もいるかもしれません。
しかし、そんな心配は不要です。

これはある大手タクシー会社の統計情報ですが、未経験者の1年目の平均年収は458万円で、68%の人が400万~600万円の年収を稼いでいます。
このデータからもわかるように、タクシードライバーは新人だからといって稼ぎが少ないとは限らないのです。

タクシードライバーは1日じゅう働いても明番があるからゆっくりできる

給与以外に気になるのが待遇です。
タクシードライバーの勤務形態は、昼勤、夜勤、隔日勤の3パターンがあります。

昼勤は、会社によって異なりますが、だいたい朝7時から16時くらいまで働くのが一般的です。
朝は早いですが、あがりも早いので、労働時間は普通のサラリーマンと変わりません。

夜勤は、18時から深夜3時まで働く形態です。
深夜は割り増し料金でお客さんを乗せられるので、乗車料も高くなり、歩合制のタクシードライバーにとっては収入アップにつながります。

また、東京は繁華街も多く、飲み会帰りの人などのお客さんが数多く見込めます。
昼勤と夜勤の場合は、ひと月の勤務日数は22~24日であることが多いです。
昼勤と夜勤は時間帯こそ違いますが、労働時間は同じです。

1日の労働時間が長いのが隔日勤になります。
隔日勤は、朝から深夜まで働く勤務形態です。
1日の労働時間はだいたい16~18時間です。

しかし、その間はずっと働きっぱなしというわけではなく、3時間の休憩があります。
また、隔日勤は、1日働くと翌日は明番という会社に出社しない日が設けられています。
明番は、次の日のために疲れをとる日なので、厳密にいえば休日ではないのですが、それでも乗務しなくていいことにかわりはありません。

さらに、明番とは別に公休もあるので、ひと月の乗務は11~13回程度で済みます。
隔日勤の働き方はやや変則的ですが、明番があるのでタクシードライバーの仕事量が、他の職業と比べて特別多いということはありません。

タクシードライバーはその他待遇も良好

タクシードライバーに転職する際には、2種免許取得が必要です。
免許取得には当然お金がかかりますが、タクシー会社に就職してから免許をとる場合は、タクシー会社がその費用を負担してくれることがほとんどです。
ドライバーは免許のお金の心配をする必要はありません。

また、タクシードライバーは乗客を迅速に目的地に送り届ける以前に、車に乗せる以上その命を預かる重要な仕事です。
そのためタクシー会社は、労働環境をよくしてドライバーに負担がかからないように気をつけています。

タクシー会社によっては、仮眠室や大浴場を用意して、ドライバーに疲労が蓄積されないようにしています。
こうした施設がある会社に入れば、充実した休憩時間が持てるでしょう。

ほかにも、ドライバーにレストランで使える割引券が配られたり、自社工場にマイカーを持って行けば、車検や修理の割引をする会社もあります。

東京都のタクシードライバーは稼ぎを十分期待できるし、待遇もいい

タクシードライバーは頑張るほど給与が上がる仕事です。
東京は人が多いので乗客には困りません。
仕事を効率よくこなしていけば、年収600万円以上も十分狙えるのです。

またタクシー会社は、隔日勤なら翌日1日が休養日という具合に、ドライバーの労働環境にも気を使っています。
無理な労働を押し付けられないどころか、免許取得の費用負担などのいろいろなサポートを受けられるため待遇もよいと言えます。