東京都内でタクシー乗務員としての転職を目指す人が急増!寮完備や住み込みの求人は大人気

地方からの転職組にも人気の職業として知られるのが、タクシー乗務員です。運転免許証さえあれば、仕事に就くことができるという気軽さも、転職先として選ばれる理由といえます。
たくさんのタクシー会社が求人活動をしていますが、転職者に支持されるのは、寮完備や家賃補助などの住まいにかかる費用負担を軽減してくれるところです。詳細について見てみましょう。

転職者の受け入れに積極的

東京都内にタクシー乗務員として働きたいという思いを持って上京してくる人も少なくありません。現状の自分よりも一回りも二回りも成長するためのきっかけとして、タクシー乗務員への転職を目指すという人もいます。
タクシー乗務員の良さは、運転免許証さえ所持していれば、誰にでも務めることができるという点が挙げられます。特別なスキルやテクニック、ノウハウなどは持ち合わせていなくても、その役目を果たすことは可能です。

全くの異業種からの転職や定年退職したシニアの再就職者などが多く活躍するのも、タクシー乗務員の特徴といえるのではないでしょうか。多くの人のポテンシャルを引き出してくれる職業といっても過言ではありません。
従前のような終身雇用や年功序列などの慣習が完全に姿を消すことになった日本では、転職者であっても好意的に受け入れるような体制づくりが徐々に浸透してきました。タクシー会社では、いち早く転職者の積極採用に乗り出してきたことでも有名です。そういう意味では、雇用の受け皿としての役割を果たしてきたといっても良いでしょう。

意外と高額な住まいにかかる費用!寮完備なら安心

東京都内には、数多くのタクシー会社があり、常にタクシー乗務員の募集をしている会社も見られます。少子高齢化の影響もあり、生産労働人口の減少という危機的状況に直面していることも事実です。
慢性化の人手不足に悩むタクシー会社がある一方で、多くの転職希望者から人気を集めるタクシー会社もあります。できる限り多くの応募者を集めるためには、好条件を提示することが必要不可欠です。
そんな中、注目されるのが、寮完備のタクシー会社といえるでしょう。寮や家族寮を完備したり、家賃補助を支給したりすることで、応募者の数が一気に増えるというケースも少なくありません。

地方から上京してタクシー会社に転職や就職をする際には、当然ながら住まいの確保が必要です。都内に親戚などがいる場合を除けば、自ら不動産会社に足を運んで賃貸マンションや賃貸アパートを探す必要があります。
部屋を見つけて住むにあたっては、どんなに少なく見積もったとしても、敷金や礼金、不動産手数料などで10万円前後の費用がかかります。
人によっては、更に引っ越し費用や家具、電化製品などの購入で追加の資金がかかる人もいるのではないでしょうか。これだけの費用を用意するために金融機関から借金をするという人もいます。

重要視される福利厚生面!会社選びのポイント

東京都内に事務所を構えるタクシー会社の中には、寮完備や家賃補助などといった取り組みで、転職者を強力にサポートするところも増えています。
そのようなタクシー会社は「かかる生活費を少しでも抑制したい」という思いを持つ転職希望者にも人気です。
タクシー乗務員への転職を目指す人には、まだまだ若い人はもとより、人生経験豊富な中高年やシニアに至るまでの幅広い世代がいます。当然ながら独身で一人暮らしもいれば、家族を養わなければならないという人もいます。とりわけ、小さな子どもを持つ人にとっては、家族寮があることは極めて大きなメリットといえるのではないでしょうか。
家賃や住宅ローンがないことにより、生活費の負担感は大幅に軽減されます。

転職先選びは慎重に

タクシー乗務員を募る求人情報の中には、「ブランクや未経験者も歓迎」などといった謳い文句も散見されます。このように転職希望者に訴えかけることで、より多くのタクシー乗務員を確保したいというタクシー会社の思惑を読み解くことができます。
一部の転職希望者にはタクシー乗務員以外の働き方を目指せる会社を求めるケースもあります。タクシー会社の業務としては、ドライバー以外にも配車担当や整備士などの職種もありますので、自分に合った働き方を見つけることも可能といえるのではないでしょうか。

タクシー会社への転職を目指すのであれば、高収入や休日が多いなどの条件だけで安易に決めることは避けた方が良いでしょう。さまざまな待遇や条件を総合的に判断することが大事です。残念ながら東京都内で営業するタクシー会社にも、ブラックと呼ばれるような待遇のところも存在します。また、長時間労働や休日出勤などを強要するような会社もあります。
多くの評判や口コミを参考にしながら、より良い転職先を見つけることが何よりも大切です。

やっぱり重要なのは待遇面の良さ

転職先としてタクシー乗務員を目指すなら、少しでも好待遇の会社を探すことが重要です。高収入であるというだけで決めるなどということは決してお勧めすることはできません。大切なのは、将来まで安心して見据えることができるような会社です。寮完備や家賃補助などの待遇面の充実は、従業員への配慮ということができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助のある会社がおすすめ

タクシー乗務員の仕事は、初心者・未経験者でもしやすい仕事であり、かつ技術や知識次第では大きく稼ぐことができるため、多くの人々に人気があります。しかし、どのタクシー会社へ就職しても、そのように恵まれた環境で働くことができるわけではありません。
東京都内でタクシー会社へ転職する際に見るべき、家賃補助に関して紹介します。

東京都内でタクシー乗務員として働くということ

タクシー乗務員として働くならば、地方で働くよりも断然東京都内をはじめとした都市部で働くことをおすすめします。
タクシー乗務員の仕事は、乗客を目的地まで乗せて運ぶということが主のものであり、当たり前ですが乗客がいなければ始まりません。
その点、東京都内をはじめとした都市部には、地方に比べて多くの人々が活動しています。ビジネス街や繁華街も数多く存在しているため、タクシーを利用する人々が多く、その分稼ぐ機会が多くなり、タクシー乗務員としてよりよく稼ぐことができるといえます。
都心部には大型施設もあり、様々なイベントが開催されます。

地方から来た人々が、それらのイベントの参加のためにタクシーを利用する機会も多いでしょう。
また、東京都ではタクシー会社ごとの工夫だけではなく、タクシー業界で初乗り運賃を安くするなどといった様々な対策を行っており、稼ぐための積極的な行動が見られます。これらのことから、タクシー乗務員に転職するのならば、地方よりも東京都内で勤めることがおすすめです。
しかし、東京都内で働くことは、メリットばかりではありません。東京都内は家賃が高いというデメリットがあります。東京都内に転職したならば、東京都内、あるいは郊外に居を構えなければなりません。

東京都内ではワンルームであっても家賃相場はおよそ8万円から10万円です。地方ならば、ワンルームはおよそ5万円前後なので、場合によっては2倍近い家賃を支払うことになります。
場合によっては家族で引っ越してきてファミリータイプを選ぶ必要があり、家賃につき10万円以上を支払わなければならなくなります。いくらタクシー乗務員として稼いでいても、これは大きな負担となります。そのため、家賃補助などの福利厚生があるタクシー会社をしっかりと選ぶことが重要です。

タクシー乗務員と住宅の充実

単身で東京都内のタクシー会社に転職・就職するならば、環境にこだわらず、家賃ができるだけ安い住宅を選べば家賃に関する問題に悩まされることがないと思う人がいますが、そのようなことはありません。タクシー乗務員は、乗客のためにも、周囲の人々のためにも、安全に運転することが必要であるため、健康管理は重要なことです。
しっかりと休日を休めば、疲れも取れて、しっかりと稼ぐことができるでしょう。休日にしっかりと体を休めることができる環境をそろえておくことは、安全のためにも、かつ効率よく稼ぐためにも必要なことといえます。

また、タクシー乗務員は休日も長い仕事です。タクシー乗務員の勤務形態は様々で、日勤・夜勤のほかに隔日勤務などといったものがあります。
1回の勤務時間が長い代わりに、そのあとの休みも通常のサラリーマンよりも長い時間とれることが多いです。
場合によっては、育児や介護などといった個々の事情に合わせて働き方を選ぶことができる会社もあります。住宅を適当に選んで快適に過ごすことができないと、体をしっかりと休めることができません。これらのことからも、住宅の質を落とすことはなくとも家賃の負担を減らすことができる家賃補助の制度は重要です。

充実した家賃補助

東京都内でタクシー乗務員として転職・就職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実している会社を選ぶことがおすすめです。
家賃補助制度が導入されている会社に就職すれば、家賃負担が軽減され、趣味を充実させたり貯蓄したりして、将来の不安の軽減につながります。精神的な余裕が生まれることによっていっそう稼ぐことが可能です。
都内の多くのタクシー会社では、家賃補助制度が実施されていますが、すべての会社で実施されているわけでもなく、どの程度の補助があるのかは会社ごとに異なります。月々数千円程度の家賃補助しかない会社もありますが、業界No.1といわれているタクシー会社では年間24万円の家賃補助があります。

また、家賃補助以外にも福利厚生として、給与保証が設けられている会社もあります。
タクシー乗務員は初心者・未経験者であってもなることができる仕事ではありますが、はじめから稼ぐことができるわけではありません。はじめのうちは研修を受けたり、知識や技術を身に着けることが優先となり、稼ぐことまでいけない人が多いです。
そのような際に給与保証の制度があれば、しっかりと学ぶことができて、将来を見据えて安心して働くことができるようになります。このような様々な福利厚生があれば、都内の家賃が高くても安心して働くことが可能です。

家賃補助以外の住宅手当

住宅に関する福利厚生は家賃補助ばかりではありません。
タクシー会社の中には、都内の不動産会社と契約をして、様々な補助を行っている場合があります。そのような場合、不動産会社から優先的に良い物件を紹介してもらえる契約を結んでいたり、借り上げ寮がある可能性が高いです。
内定が決まった後で入寮することになるので、入寮時期の確認が必要となりますが、家賃は2万円から8万円となり、家賃負担が大幅に軽減されます。
また、自社寮を用意しているタクシー会社もあります。会社で不動産を所有して、従業員に貸し出しているというものです。
従業員を補助するためのものなので、家賃は借り上げ寮よりも安いこともあるほか、会社までの距離が近くて通勤が楽になるといった様々なメリットがあります。
寮というと、独身者向けのものを想像する人が多いですが、家族向けの家族寮を用意している会社もあります。部屋数も面積も広いです。ただし、寮全体の特徴として、部屋数や間取りを自分で決めることができないので注意が必要です。

住宅補助で快適に働く

東京都内で働く際のネックは家賃が高いということです。これらの問題を解決し、家賃負担を減らすために家賃補助や寮を用意しているタクシー会社は数多くあります。
安心して、将来を見据えて働くためにも、これらの福利厚生は非常に重要です。タクシー乗務員に転職する際には、家賃補助などの福利厚生が充実しているかどうかを確認し、快適に働ける環境をそろえてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京でタクシー乗務員への転職を考えている人へノルマの有無など現状について解説

現在東京に住んでいて転職を検討している人で、タクシー乗務員になってみようかと考えている人はいないでしょうか。
募集広告を見ると魅力的な文章が記載されてはいるものの、書かれている文章が本当か不安を感じる部分もあるでしょう。
ここではそういった不安を解消すべく、タクシー乗務員の現状について詳しく解説していきます。

タクシー乗務員は現在人手不足になっている

現在、タクシー業界が抱える問題の1つに人手不足があります。タクシー運転者の数はピーク時であった平成17年の37万人と比べると平成27年には30万人と7万人も少なくなっています。
それに比例して法人のタクシー事業者の数もピーク時と比較するとおよそ10パーセント近く減少していて、個人タクシーも同じく10パーセント程度減少していることから、業界全体の人員が減少してきているといえます。
ところが一方でタクシー乗務員に対しての需要は依然と比べるととても高まっているのです。その理由の1つが外国人観光客の増加です。外国人観光客は毎年増加の一途をたどっており、2011年ごろはおよそ600万人だったのが2016年には2400万人とわずか5年でおよそ4倍の増加になっています。

外国人観光客全員がタクシーを利用するわけではありませんが、やはり旅行をする人はその地域に住んでいる人と比べればタクシーの利用頻度は高くなります。東京ももちろんたくさんの観光スポットがあるため多くの外国人観光客が訪れており、タクシーの需要は高まっています。
乗務員の数が減少しているのにタクシーを利用する人が増えているというのは人手不足に拍車をかけている原因となっていることは間違いありません。こういった現状を解消しようと、タクシー会社は人材確保に試行錯誤を繰り返しています。
必ずしもすベての会社にあてはまるというわけではありませんが、転職をしてタクシー乗務員になれば大歓迎で迎えてくれるでしょう。

タクシー乗務員のメリットは頑張れば頑張った分だけ稼げること

タクシー乗務員になると毎月厳しいノルマを課せられるというのが世間一般のイメージですが、実際にはそれほど厳しいノルマを課せられるようなことはないですし、タクシー会社によっては一切ノルマが存在しないようなところもあります。
理由としてはタクシー乗務員に安全運転を心がけてもらうためだと考えられます。厳しいノルマを課すとどうしてもそのノルマを達成しなければというプレッシャーからか一人でも多くお客さんを乗せようという意識が強くなり、早く目的地にお客さんを届けようとします。
焦りが生じれば安全確認がおろそかになって事故を起こす確率が高まるでしょう。そういった危険を少なくするため厳しいノルマは課さないようにしているのです。

ただし、売上が少なくなれば収入は少なくなるのがタクシー乗務員の現状です。収入をたくさん得たいのであれば人一倍努力しなければいけないとも言えるでしょう。ある意味実力主義の業界であるため、生半可な気持ちで転職はしない方がいいです。
タクシー乗務員を辞めることになった人たちの退職理由で多いのが「拘束時間が長い」「歩合制であること」「サービス業であること」の3つですが、勤務する時間が普通の人と大きく異なるだけで拘束時間に関しては一般のサラリーマンとそれほど変わりありませんし、タクシー業界の利益確保の仕組みを考えれば歩合制であるのは当然でしょう。

またタクシー乗務員は黙って人を目的地にまで連れていけばいいだけの仕事ではありません。お客さんに不快感を与えない適度な距離感での対応や言葉遣いをしなければいけませんし、観光客からは観光情報について聞かれることもあるでしょう。
また周辺の交通情報を常に把握することが目的地へスムーズに乗客を届けることに繋がりますから、地域の情報や周辺道路について日々研究や勉強が必要な職業であるといえます。
安易に転職した人はそういったことを考慮せずにタクシー業界へ入るため、長続きせずすぐに辞めていくことになります。

このように努力が必要な職業ではありますが、努力したらした分だけ稼げるというのがタクシー乗務員の大きなメリットです。働き始めは大変ですが、得意な地区を作って他のタクシー乗務員よりも良質なサービスを提供できれば必ず収入はアップしていくでしょう。

給与保証もあり、休日もちゃんと休める

歩合制とはいえ、最低限の給与保証をしてくれるところがほとんどです。
タクシー会社の給与体系としては歩合の取り分が大きい代わりに基本給が少ない所と取り分の比率が少ない代わりに基本給を高めに設定しているところがあります。就職する際はどちらが自分に適しているかをよく考えるようにしましょう。
そしてタクシー乗務員は夜中の業務が多い代わりに休日はしっかり確保できます。夜勤がメインのタクシー乗務員は一般的なサラリーマンよりもひと月あたりの実働日数は少ないです。

無賃乗車の対処法

タクシー乗務員に常につきまとう悩みが無賃乗車です。無賃乗車の対処法に関しては各タクシー会社で異なります。
タクシー乗務員として勤務していると必ずといっていいほど遭遇するトラブルなので、無賃乗車に遭遇した時の対処法については事前に確認しておいた方が良いでしょう。

タクシー業界は人手不足であり、向上心があればしっかり稼げる仕事

タクシー業界は現在全体的に人手不足でありながら一方で外国人観光客の増加によってその需要は高まっています。
世間一般で言われているような厳しいノルマもないですし、過酷な労働環境ではありません。確かに歩合制なので努力が足りなければ収入は下がりますが、需要が高まっていることもあって頑張れば頑張った分収入に反映しやすい状況になっていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗しないタクシードライバー(乗務員・運転手)の転職!東京で将来性のある優良大手会社の探し方

東京には様々なタクシー会社があります。優良大手会社がある一方で、利用者からの評価が低いタクシー会社もあるので注意が必要です。
失敗しない転職をするために、まずは転職に必要な知識を身につけましょう。
ここでは、将来性のある優良なタクシー会社の探し方を紹介していきます。事前にタクシー会社を選ぶポイントを把握して、転職活動をスムーズに進めていきましょう。

タクシー会社のホームページをチェックする

タクシー会社のホームページを見れば、その会社が大企業かどうか、将来性があるかどうかを簡単に把握することができます。
タクシー会社のホームページには、会社の従業員数や保有車両台数が記載されています。大企業であれば、他社よりも多くの従業員を抱えており、保有車両台数も多い傾向にあります。
タクシー会社の売上高にも着目してみましょう。競争が激しい東京で売上高が多い会社というのは、それだけ顧客から信頼されている証しでもあります。そのような会社は、売上が高い優秀なタクシードライバー(乗務員・運転手)を多く抱えているため、会社の将来性も高いと言えます。このような会社に就職することができれば、後悔することもないでしょう。
失敗しない転職をするには、タクシー会社の比較が欠かせません。会社の求人情報に「高給優遇」と書かれていても、実際は他社より待遇が悪い場合もあります。会社の謳い文句だけを見て判断するのではなく、事前に各会社の数字を調べて比較することが大切です。売上高や従業員数などを比較して、どの会社が優れているのか調べておきましょう。

タクシーランクがBランク以上の会社を選ぶ

東京でタクシー会社を探すときは、タクシーランクをチェックしましょう。タクシーランクとは、公益財団法人東京タクシーセンターが東京都内のタクシー会社を対象に行った評価付けランクのことです。100点満点中、61点未満の会社はCランク、61点以上76点未満の会社はBランク、76点以上の会社は優良ランクとなります。
Cランクを付けられたタクシー会社は、接客・サービス、安全・運行管理、経営姿勢の各評価項目において点数が低く、優良会社と言うには程遠い存在だと言えます。このような評価の低い会社は避けて、タクシーランクBランク以上の会社を転職先に選ぶようにしましょう。
タクシーランクは東京タクシーセンターの公式サイトに公開されているため、誰でも簡単にチェックすることができます。優良ランクに選ばれた会社は、専用のタクシー乗り場が設けられるなど何かとメリットが多く、売上が高くなりやすい傾向にあります。優良ランクのタクシー会社に転職できれば、安心して働き続けることができるでしょう。

今まで一度もタクシードライバーとして働いたことがない人は、研修体制が確立している会社に転職しましょう。
未経験のタクシードライバーが東京の道を一から覚えるのは大変です。道を覚えるだけでなく、接客技術なども身につけなければならず、初心者がやることは多岐にわたります。タクシードライバーに必要な知識と技術を身につけるためにも、十分な研修期間がある会社を選びましょう。
タクシードライバーとして働くには、第二種免許が必要になります。免許取得費用を負担してくれたり、研修中に日当を出してくれる会社であれば、未経験者でも安心して働くことができます。
東京には様々なタクシー会社がありますが、研修体制は会社ごとに異なります。研修内容も会社によって異なるので注意が必要です。タクシーの利用客が多いスポットを研修中に教えてくれる会社であれば、初心者でも早い段階で高い売上を出すことができます。各社の研修体制もよく比較してから転職先を選ぶようにしましょう。

設備が十分に整っているかチェックする

転職先を探すときは、会社設備が充実しているかどうかをチェックしておきましょう。1日運転し続けるタクシードライバーは疲労がたまりやすい仕事なので、休憩室や浴場、仮眠室が備えられている会社を選ぶことが大事です。
タクシードライバーがろくに休憩もせずに毎日働き続けると、交通事故を起こす危険性が高まります。そのようなリスクを避けるためにも、設備が十分備えられている会社を選ぶ必要があります。女性の場合は、女性専用の休憩室や更衣室があるかどうかを事前に確認しておきましょう。
車内設備が充実しているかどうかも、転職先を選ぶ際の大事なチェックポイントになります。タクシードライバーとして働いていると、タクシー強盗に遭遇する可能性があります。あらかじめ防犯カメラが備えられていれば安心ですが、会社によって車内設備の充実度は異なるので注意が必要です。
会社設備と車内設備の両方が充実しており、さらに福利厚生も充実している会社であれば、優良会社だと言えるでしょう。

下調べが大事

失敗しない転職をするには、下調べが欠かせません。タクシー会社の研修体制や設備などを調べて、他社と比較してみましょう。複数の会社を比較することによって、客観的な判断ができるようになります。
優良会社を探し出す方法は、決して難しいものではありません。タクシー会社の謳い文句に惑わされず、自分で一から調べるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイント

1.需要の分析ができる

ベテランドライバーに学ぶ!稼げるタクシードライバーになるための5つのポイントタクシーの営業成績が良い人は、なぜ売り上げが伸びたのか、減ったのかに対して自分で分析して考える力を持っています。例えば、大きなイベントがあるから沢山のお客様を乗せる事が出来た、や人の出入りのある会社の前で待機していたから、等です。日々タクシーの営業で廻る際に、仮説を立ててから運転することが、少しづつ着実に売り上げを伸ばしていくコツです。たとえ仮説がうまくはまらず売り上げが伸びなくても、これは稼げないという結果が分かったことになります。どれだけ考えて「やってみて」データを自分の中に貯めていくかが大切なのだそうです。事前準備として地域に何のイベントがあるか、どんな会社があるかをリサーチするのもスキルのうちです。

2.お客様を見つける集中力

根気のいる事ではありますが、運転している間は歩行者の動きに常に集中する事が大切だそうです。いつ、遠くまで乗ってくれるお客様に出会うかはわかりません。ベテランドライバーになると、手を挙げていないのにさっと近くまで来て乗せることもあるのだそうです。お客様からしてみたら、「何故分かったの?」といったところでしょうが、これは集中力と経験の賜物かもしれません。

3.道路状況の判断ができる

タクシーで売り上げを上げるには、お客様をなるべく早く送り届ける必要があります。早く送り届けた分回転率が上がり、その日の売り上げもアップします。早さを実現するためには、渋滞の少ない道を記憶しておくことに加えて、どのように車をコントロールするのかも大事です。前にゆっくりと走る路線バスやトラックが居るなら車線変更をスムーズに行って回避すると、信号待ちに当たらないように早く走ることができます。ちなみに、都内は信号が多いので信号待ちに度々当たっていると莫大な時間がとられてしまいます。

4.タクシードライバーにもチームワークが役立つ

vete3タクシードライバーの仕事は個人である程度の裁量を持って働く仕事ですが、チームワークを持って助け合いで稼ぐのも有効なのだそうです。ドライバー同士で情報を交換するグループやネットワークを作って、稼げる時間帯や場所の共有をしていることもあるようです。LINEでグループを作ったり、違う時間帯のシフトの人からの情報にも目を通したりして情報を回して個人のレベルアップに活かしているようです。

5.稼ぎたいと思う力、やる気

そもそもの話になりますが、やる気が無いと何も始まりません。やる気のあるドライバーなら、走っている最中も「あのお客様はどうかな」と常にアンテナを張りながら走ります。単にダラダラと走っているだけでは、沢山稼ぐドライバーになることは難しいのではないでしょうか。人の流れは些細な事ですぐに変わります。雨が降ったり季節が変われば、人がいなかったところに急に需要が出たりします。また、イベントのスケジュール等を調べておけば、人の流れはつかみやすくなります。

やる気が高収入に繋がる会社で働くなら

これら、5つのポイントを活かして、高収入を狙うなら、日本交通グループの蔦交通がおすすめです。蔦交通では、業界最高水準の売り上げ還元率で、やる気と頑張りを後押しします。また、葛飾区にある会社なので、浅草エリアやスカイツリー、柴又などにも出やすい環境です。人の流れがつかみやすい環境で、稼げるドライバーを目指してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【すぐわかる!】転職の志望動機、例文と作り方

転職の志望動機、考えるときに迷いますよね。空白の履歴書を前に頭を抱えていませんか。人事採用担当者は、中途採用であれば職務経歴書を中心に見た後、志望動機をしっかり確認するという人が多いそうです。今回は、転職における志望動機の書き方や例をご紹介していきます。

転職の志望動機、例文と作り方

志望動機を聞く理由

志望動機を聞く理由は、転職者のその企業に対する認識が正しいものか、この仕事で自己実現できるのか確かめることです。事前にミスマッチを防ぐことも狙いです。たとえ熱意があったとしても、その会社で出来ることと転職者がしたいことが違う場合は辞められてしまったりする可能性があるからです。
また、これは新卒採用にも共通ですが、転職希望者の意欲を確認し、内定を出した後に辞退せずに本当に入社してくれるかを知る狙いがあります。企業のコストを割いているため、もし内定辞退や選考辞退があると、時間もお金も無駄になってしまいます。
新卒の時と違うのは、転職希望者の場合、面接担当者は新卒とは違う目線で志望動機を聞いています。なぜ前職を退職する(した)のか、この会社で働いていける人材なのかを見極めようとしています。できれば、具体的な話を頭に入れておいて、面接の際に話すようにしましょう。

志望動機の例文

志望動機の例文を使って、具体的に志望動機の作り方をご説明していきます。自分で作成してこその志望動機なので、このまま転用して利用するのはやめましょう。

【タクシードライバーの志望動機の例】
私は「選ばれるタクシードライバー」になりたいと思い、タクシードライバーを志望いたしました。以前貴社のタクシーを利用した時、ドライバーさんの接客対応が非常に良く、感動いたしました。これをきっかけに、元々運転が好きだった私は、安全運転だけではなく、お客様にとって快適な空間を提供する仕事がしたいと考えるようになりました。
私は前職で接客業をしておりました。毎日違うお客様とお話をする仕事なので、延べ1000人を超える方とお会いしてきました。前職で培った、初対面のお客様とすぐに打ち解けてお話しができるというスキルをタクシードライバーとして更に磨いて活かしていける考えるため、貴社を志望いたしました。

この例では、タクシードライバーになろうと思ったきっかけ、自分の培ってきた今あるスキルでタクシードライバーに関係があるもの、を中心に構成しています。ポイントは、志望動機でありながらも自己PRの要素を少し交えるというところです。企業側としても、なるべく優秀で自社で活躍してくれる存在が欲しいと考えるため、「私はこんなに~できて、御社にピッタリの人材なんですよ」というメッセージをこめることが大事です。その仕事に必要な要素は何でしょうか。分かりにくい場合は、まずはその洗い出しから始めるのも良いでしょう。
タクシードライバーであれば、安全運転と接客の二軸なので、その要素には触れていくと良い志望動機ができます。
こういった接客業関係の志望動機に意外とありがちなのが、接客ばかりに偏った自己PRや志望動機になってしまう事です。タクシードライバーは接客業ですが、それはまず安全運転あっての事です。公共交通に従事する者として、安全に関する意識は常に高いものである必要があります。安全に対する意識の有無は、面接官によっては合否を左右するポイントにもなります。

志望動機の注意点

前述の例では、志望動機を書面に書く時の物を想定しました。面接などの口語は「御社」、書類では「貴社」と使い分けをしましょう。また志望動機に関する注意点として、以下が挙げられますので注意してみてください。

・「前職の経験が生かせると思いました」「御社の事業内容に興味を感じました」のみの記載
具体的に前職のどのような経験なのか、事業内容のどこに興味を感じたのかを記載しましょう。

・御社でなら、いろいろ学び、成長できると思いました
会社で勝手に成長させてくれるような言い方や書き方は、良くないです。自分でどのように成長したいかを言う方が好印象です。

・会社の将来性。福利厚生にひかれ、志望しました
とても自己中心的な印象になります。会社は、スキルや能力を活かして活躍してくれる人材を求めていますので、待遇が良かったからというような理由の人は避けます。本音がそうだったとしても、そこは言わずに別の角度からの志望動機を考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都内でタクシー乗務員に転職するなら家賃補助の出る会社がおすすめ!

taxidriver_tensyoku_yachinhojo

タクシー乗務員は、転職して東京で新しい仕事を見つけたい人におすすめの職業です。
タクシー乗務員というと「仕事が大変そう」「福利厚生がちゃんとしているか心配」と思う人もいるかもしれません。
しかし、多くのタクシー会社は安心して働ける制度が整っています。

タクシー乗務員の働き方

多くの人がタクシーを利用したことがあると思いますが、タクシー乗務員の勤務体系についてご存知でしょうか?日勤のみ、夜勤のみという働き方もありますが、一般的には朝から深夜まで休憩をはさみながら働き、その翌日は一日休むという隔日勤務が多いです。一日の労働時間は長いですが、次の日は必ず休みになるため、月の半分は休むことができます。そのため、プライベートを充実させることも可能です。隔日勤務のリズムに慣れるまでは少し大変かもしれませんが、慣れてしまえば規則的な生活リズムをキープでき、健康管理もしやすいでしょう。

タクシー乗務員として働く上で大切なのは、運転技術とホスピタリティです。とはいっても、転職時に特別なスキルを持っている必要はありません。旅客運送に必要な第二種自動車免許は入社後に取得すればOKで、普通自動車免許を取得してから3年以上経っていればタクシー乗務員に応募することができます。ほとんどはAT車なので、AT限定でも問題ありません。また、ホスピタリティに関しても、接客の経験は必須ではありません。入社後の研修にて接客サービスの心得を学ぶことが可能です。

東京でタクシー乗務員として働くメリット

東京で働くタクシー乗務員は、地方のタクシー乗務員と比較すると稼ぎやすいと言えるでしょう。なぜなら東京は人口がとても多く、タクシーの利用者数が地方より格段に多いからです。特に金曜日の夜や土日・祝日は、飲み会で終電をなくした人たちや遊びに出かけていた人たちが帰りにタクシーをよく利用しています。さらに、近年は海外からの観光客が増えており、さまざまな観光地へのアクセスにタクシーが利用されています。都心では地方よりも車の所有率が低いのも、タクシーの利用者が多い理由のひとつでしょう。

また、東京都23区、武蔵野市、三鷹市のタクシーは2017年1月に初乗り運賃の見直しを行っています。それまでは初乗り2キロで730円でしたが、見直しによって1.052キロで410円になりました。これは、短い距離の「ちょい乗り」でもタクシーを気軽に利用してもらえるようにと講じられた施策です。このように、東京は地方よりタクシーの利用者が多い上に、さらに利用者を増やすための施策も講じています。東京でタクシー乗務員として働けば、安定して多くのお客様を乗せることを期待でき、集中して稼ぐことができるでしょう。

地方から出てきても家賃補助があれば安心

地方から東京に出てきて生活する上で一番の懸念事項は、東京の家賃の高さではないでしょうか。都心は地方に比べて地価が高く、ワンルームでも家賃が10万円を超えるところもあります。いくら東京のタクシー乗務員が稼ぎやすいといっても、稼いだお金が毎月の家賃に消えてしまっては意味がありません。そこでおすすめするのが、家賃補助制度を導入している会社への就職です。現在、多くのタクシー会社で家賃補助制度が導入されています。補助金額は会社によって異なりますが、例えば業界No.1と言われる会社では、年間24万円の家賃補助があるのです。手厚い家賃補助を受けられれば、都内の家賃が高くても安心して生活することができるでしょう。家賃が節約できた分、将来に向けて貯金することもできますし、趣味や旅行などにお金を使うこともできます。

また、家賃補助以外にも、独身寮を完備している会社もあります。独身寮の場合、自分で間取りを選んだり住むエリアを選んだりする自由はありませんが、その分家賃をかなり安く抑えることができるのが魅力と言えます。まだ同居者がいない場合は、独身寮を活用するのもよいでしょう。

未経験者でも安心して働ける仕事

タクシー乗務員は、未経験者でも安心して働ける仕事です。多くの会社は、普通自動車免許さえ持っていれば就職でき、第二種自動車免許については入社後に会社側で費用を負担して取得を支援する仕組みが整っています。自動車教習所の受講費用は高額なので、会社が負担してくれるのはとても助かります。また、東京に慣れておらず地理に詳しくないという人でも大丈夫です。会社が地理の研修をしてくれますし、それでも道がわからない場合はカーナビを使用することも可能となっています。お客様に一言、「このあたりに詳しくないので、カーナビを使ってもいいでしょうか?」と断れば、ほとんどのお客様は許容してくれるでしょう。

また、歩合制なので初めは稼げるか心配な人もいると思いますが、入社してから一定期間は会社が月給を保証してくれるため、慣れるまでの間もしっかり収入を得ることができます。アプリを使用した配車サービスを取り入れている会社もあり、より効率よくお客さんを乗せることができる点も安心です。
地方を出て東京都内で仕事がしたい!という場合には、ぜひタクシー乗務員を検討してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノルマがきつい職場もある東京でタクシー乗務員への転職で成功するには

ノルマがきつい職場もある東京でタクシー乗務員への転職で成功するには

東京での転職先としてタクシー会社が良いかもしれないと思ったものの、よく考えてみると現場環境が厳しくてきついのではないかと思う人もいるでしょう。
それはあながち嘘ではありませんが、成功するための転職の仕方もあるので確認しておきましょう。

タクシー乗務員はノルマがきついのではないかという懸念

タクシー乗務員に転職すると辛くなりそうだと思ってしまう原因の一つとして挙げられるのが会社からの要求が大きいことです。働き方を考えるとノルマがきついのではないかと懸念する人は多いでしょう。タクシー乗務員の給与は一般的には歩合制になっていて、売り上げの50%から60%程度が給与に加算されます。数字で必ず評価を受けることになるため、一定以上の売り上げを要求されるのではないかと心配するのはもっともなことでしょう。

実際には現場によって状況がかなり違います。大らかな現場の場合には特にノルマの設定はなく、売り上げがなかったら本人の収入が減るだけという場合もあるのです。逆に大きな売り上げがあったときに表彰されるケースもあります。仕事にどれだけエネルギーを費やしたいかによって働き方を変えられる環境が整っている現場もあるので探してみましょう。ただ、どの現場でも大抵は営業目標は定められています。会社としては売り上げを増やして利益を獲得するのは大命題だからです。それをノルマとして課せられず、その数字に到達できるように努力するように促される程度で済む現場もあるのだと考えましょう。

職場環境も辛いのではないかという心配

たとえ制度上はノルマがなくても職場環境が厳しくて辛いのではないかという心配をする人もいます。売り上げが伸び悩んでしまうと上司から罵倒されてしまったり、休憩室でお茶汲みをさせられたりといった形の上下関係が生まれている現場はどの業界でも多かれ少なかれあるでしょう。実力主義の考え方が人間関係にまで浸透していて、利益を生み出している人ほど偉そうにできる現場もないわけではありません。しかし、これも現場による違いが大きいので転職先を厳選すれば問題はないでしょう。

タクシー会社の現場環境は会社の持っている方針によって大きく左右されます。新人も含めて全体でサービスを向上させ、結果として利益が上がるようにしようといった方針を立てている会社なら安心でしょう。逆に個人の活躍を優先し、会社としての利益を得ることを最優先している会社の場合には上下関係が生まれやすくなります。新人としてタクシー会社に所属し、タクシー乗務員の経験がないと最初はほとんど売り上げがないのが通例です。それが原因で上司の嫌がらせを受けるリスクもあるでしょう。しかし、そのような会社を除外して転職先を決めれば大丈夫なのです。

転職先として大手を選ぼう

実際にはどのタクシー会社を選んだら良いのでしょうか。働きやすい職場ができあがっている会社としてまず挙げられるのが大手です。大手になると経済基盤がしっかりとしていることに加え、顧客となる企業との契約もたくさん持っています。知名度も高いので他のタクシー会社に比べて優先して利用してくれる人もいるため、会社としての利益の大きさは中小企業ほどには懸念する必要がありません。そのため、サービスの質を向上させることを重視した方針を立てることができます。

タクシー乗務員にノルマを課すのはストレスをかけることになり、サービスの質を低下させることにつながります。ノルマをなくしてタクシー乗務員に余裕を持たせるのが重要で、売り上げはただ給与に反映させるだけの仕組みにしているケースが多いのです。また、上司からの嫌がらせが発生しないように現場のケアをしている大手も見られるようになりました。個々の乗務員から話を聞くようにしたり、管理職教育を行ったりして現場環境の改善に努めているのが大手では典型的になっています。大手は風通しの良い環境が整っているので安心して働けるでしょう。

東京を舞台に大手のタクシー会社で働く魅力

東京でタクシー乗務員として大手に採用してもらうことができれば想像している以上に働きやすい環境が手に入ると期待できます。転職直後から売り上げを求める必要はなく、一定期間は給与保証をしてもらえる会社もあります。その間に第二種免許を取得したり、地理研修や営業研修などを受けたりする準備を整えることが可能です。東京ではタクシーのニーズが大きいのでベテランになるほど売り上げが増えやすく、歩合制のメリットを生かせます。大手ならハイヤーの依頼も多いので収入が高い水準で安定しやすく、家族も安心しているケースが多いのです。

タクシー会社に転職すると終身雇用で働けるのも魅力です。売り上げを必死に伸ばすには体力も必要ですが、年齢を重ねてもノウハウがあれば可能な範囲で働いて大きな売り上げを上げることが可能です。大手ではキャリアアップを考えてくれることも多く、長年現場で働いてきた人は管理職に昇進させてもらえることもあります。タクシー乗務員として働くのが辛いと感じたとしても、培ってきたキャリアを生かしてタクシー会社に貢献できるでしょう。企画や宣伝など様々な職種が求められているので、将来的には違う働き方をして定年を迎えることも可能なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京で将来性のあるタクシー会社にタクシードライバー(乗務員・運転手)として失敗しない転職をするためのポイントを知っておこう

東京で将来性のあるタクシー会社にタクシードライバー(乗務員・運転手)として失敗しない転職をするためのポイントを知っておこう

東京では「高給優遇」を謳い文句にしているタクシー会社が多いため、タクシー会社への転職を検討している人が多いことでしょう。
しかし、失敗しない転職をするためには将来性のあるタクシー会社を選ぶことが必要ですので、選ぶポイントを説明します。

大企業であるか

タクシー会社のホームページで会社情報を確認しましょう。従業員数、保有車両台数、売上高に着目することにより、大企業であるかわかります。タクシー会社の競争が激しい東京で、「多数の従業員を雇用している」「車両をたくさん保有している」「売上高が多い」のは、数多くの得意先を抱えているためです。得意先が多いのは、タクシードライバー(乗務員・運転手)の質が高いためです。質が高いタクシードライバーは一朝一夕では育ちませんので、その会社に長い間勤務しているタクシードライバーが多いことが推測されます。すなわち、会社の労働環境の良さに期待できるのです。

そして、会社の売上高が多いのは、売上が高いタクシードライバーが多いからです。それは高い給料を支給されているドライバーの多さに直結しており、会社の将来性の高さが見込めます。加えて、その会社の設立年月日も確認しておくといいでしょう。設立年月日が古く、歴史ある企業であれば、他のタクシー会社との競争を勝ち抜いてきた証明になります。「高級優遇」という謳い文句にだけ惹かれてタクシー会社に就職すると、「こんなはずではなかった。」と後悔することになりかねません。失敗しない転職をするために、実際に数字の裏付けがあるかを事前にしっかり確認しておきましょう。

福利厚生が充実しているか

タクシードライバーは、一旦勤務が開始すると勤務終了までの時間が長いため、疲労がたまりやすい職業です。疲労のために交通違反を犯したり、交通事故を起こしたりすることがあるかもしれません。また、客を装った悪人がタクシー強盗を働いたというニュースがたまに見られるように、危険な目に合う可能性もある職業です。そこで、タクシードライバーのための福利厚生として、会社と車両の設備が十分備えられていることと、交通違反や交通事故への対処がしっかりしていることを確認しておきましょう。

会社設備としては、「休憩室」「浴場」「仮眠室」「食堂」「ガソリンスタンド」「洗車機」といった設備があるかどうかを確認します。女性の場合は、「託児所」「更衣室」「女性専用の休憩室」があるかどうかも確認しておきましょう。車内設備としては、「カーナビ」「防犯カメラ」が備え付けられているかがポイントです。また、交通違反や交通事故の際の事故補償制度の有無も確認しておきましょう。事故補償制度があったとしても、全額補償なのか補償金額に上限があるのかは会社によって異なりますので、詳細は会社に確認が必要です。これらの設備や補償制度があれば、会社がタクシードライバーを大切にしていることがわかります。

タクシーランクがBランク以上であるか

タクシーランクとは、公益財団法人東京タクシーセンターが都内のタクシー会社に対して評価付けしたランクのことです。接客・サービスを50点、安全・運行管理を30点、経営姿勢を20点とした100点満点で評価を行い、バリアフリー対応や環境美化運動といった要素が評価されれば加点される仕組みです。76点以上が優良ランク、61点以上76点未満がBランク、61点未満がCランクとなります。評価付けは毎年行われており、優良ランクになったタクシー会社名と、2年以上連続してCランクとなったタクシー会社は、社名が東京タクシーセンターのホームページ上で公表されます。

優良ランクと評価されたタクシー会社の保有するタクシーには優良であることを示すシールをフロントガラスの内側やダッシュボードといった利用者に見えやすい箇所に貼ることができます。また、優良ランクのタクシー会社だけが乗り入れることのできる専用のタクシー乗り場が設けられていますので、利用者は安心して乗車することができ、売上が高くなりやすいというメリットがあります。一方で、Cランクの会社は、各評価項目の評価が低いため、利用者にとっては敬遠したいタクシー会社になります。転職先としては、少なくともタクシーランクBタンク以上の会社を選ぶようにしましょう。

研修体制が確立しているか

東京の道は複雑に入り組んでいます。初めてタクシードライバーになる人や、これまでタクシードライバーをしていたとしてもそれが他府県だった人には道を覚えるのは大変です。また、初めてタクシードライバーになる人にとっては道を覚えるだけでなく、利用者に対する接客技術を身に付けることが必要です。それらに加えて、高齢者向けの介護タクシー、観光客向けの観光タクシー、妊婦向けの陣痛タクシーといった特別なサービスを行っているタクシー会社では、それらのサービスに対応した知識と技術も必要になります。こういった諸々の知識や技術を身につけるための研修期間を十分設けていることを確認しておきましょう。

ただ、知識や技術を身に付けたとしても、利用者が少なければ売上を高くすることができません。そのため、利用者が多いスポットや売上単価が高い利用者が多いスポットを研修期間中に教えてもらえることも重要な要素です。それらに加えて、タクシーの運転に必要な第二種免許取得費用や研修期間中の日当を負担してくれる会社はドライバーを大切にしてくれる会社ですので、研修体制の内容と一緒に確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から転職し、東京都内でタクシードライバーをするなら家賃補助がある会社がおすすめ

地方から出てきて東京で働こうと考えた際、特に資格がなくても稼げる仕事の1つにタクシードライバーがあります。もし東京でタクシードライバーとして働くことを検討しているのであれば、家賃補助ありの会社を選ぶのがおすすめです。

東京はタクシードライバーとして稼ぎやすい場所

東京都内は転職してタクシードライバーとなり、集中して稼ぐにはピッタリの場所です。タクシードライバーとして稼ぎやすいとされる最大の理由は、東京都内の人口の多さです。特に週末のアフター5や土日祝日の繁華街は多くの人でごった返しています。そういった人たちの中には旅行で東京都内に来ていて次に行く場所がよくわからない観光客や、ついつい深夜まで飲み過ぎて最終電車に乗り遅れた人たちも数多くいる事でしょう。このようなことから東京でタクシードライバーをしていると地方で勤務するよりも圧倒的にお客さんを捕まえやすいです。

そして冒頭でも解説した通り、タクシードライバーとして勤務するために事前に必要な資格は一切ありません。もちろんタクシードライバーとしてお客さんを乗せて目的地まで運び、運賃を受け取るためには第二種運転免許が必要です。しかし事前に運転免許を持っていなくてもタクシードライバーになるとまずは講習を受けて第二種免許を取得することになっているので、持っていない人でも問題なく就職することが可能なのです。取得のための費用を全額会社が負担してくれるところも多いので、地方から出てきていろいろと物入りの人にとってはとてもありがたい勤務場所です。

東京都の賃貸の家賃は高い

地方から東京都内に出てくるといろいろと驚かされることがあるものですが、その中でも驚く人が多いのが東京都内の家賃ではないでしょうか。今まで住んでいた地方の賃貸物件と比べると、同じような間取りでも明らかに高いです。例えば都心に近い一等地などは単身者向けのワンルームマンションでさえ一か月の家賃が10万円を超える場合もあります。もちろん地方と同様に東京都内であっても繁華街から少し離れたところや、築年数が古い賃貸物件などは家賃が安くはなっています。

しかし都心部から離れれば離れるほど利便性は悪くなりますし、地方から出てきた人たちは周りに知り合いが全く居ない状況から生活をスタートさせることになります。いざというときに助けを求める人が居ないので自分の身は自分で守るという気概で住まなければいけない部分もあるため、セキュリティ面で不安を感じるところに住むことはあまりおすすめできません。特に地方から出てきたばかりの時は周辺の環境が良く、マンションも防犯設備が整っている比較的新しいマンションに住んだほうが良いでしょう。しかしセキュリティ面や利便性を重視すると当然家賃は高くなるというデメリットがあるので、地方から東京に出てきた人にとって住居探しはかなり難航することが多いのです。

タクシー会社は家賃補助をしてくれるところが多い

地方から東京に出てきている人たちの中にはなんらかの夢を東京でかなえるために出てきている人も多いのですが、そういった人たちに当面の収入を得るための手段として特におすすめできるのがタクシードライバーです。タクシードライバーの労働環境というのはそういった夢を実現させようとしている人たちに適している労働環境となっているのです。夢を実現させやすい理由の1つとして、タクシー会社には家賃補助を出してくれるところが多いという点があります。

人間が生きていくためには衣食住の出費はかならず発生するわけですが、この3つの中で最も大きなウエイトを占める出費が住居費です。先ほども触れたとおり東京都内の賃貸物件の家賃は軒並み高額なことが多く、地方から出てきた人たちにとっては家賃の高さが悩みの種となっているのですが、家賃補助をしてもらえる会社に就職できればその負担を大幅に減らすことが可能です。家賃補助によってお金に余裕が出来た分、夢を実現するために必要な資格の勉強などに割り当てることができます。家賃補助がいくら支払われるのかは会社によって異なりますが、業界No.1と呼ばれるタクシー会社の場合年間24万円もの家賃補助をうけることができます。

タクシーの業務は思いのほかたいへんな業務でもない

世間一般的にタクシードライバーは労働環境が極めて悪いというイメージがありますが、それは完全に間違った認識です。確かにタクシー会社の中には一部にブラックと呼ばれる会社もありますが、それはほかの職業であっても変わりありません。きちんとした会社を選ぶことが出来ればタクシードライバーの労働環境は一般的な企業とそれほど変わりありません。むしろ休日だけを考えれば一般的な企業よりもずっと休みが多いです。

1日の労働時間自体は20時間を超えるときもありますが勤務が終われば必ずまる1日休みを取ることが義務付けられているので、実質月の半分近くは休みに割り当てられます。休みの間に夢を実現したい人は資格などの勉強ができますし、趣味に費やす時間も十分に確保できるでしょう。それでいて給料も業績を上げれば一般的な企業以上にもらえるとあって、タクシードライバーは働き甲斐がある職業なのです。

地方から東京に出てきてタクシードライバーとしてずっと働こうと考えている人も、夢を実現するためのステップだと考え、限定的にタクシードライバーとして当面の収入を確保しようとしている人も、東京都内でタクシードライバーとして勤務するのであれば家賃の負担が大きく減少し、安心して働ける家賃補助付きのタクシー会社を選ぶのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加