タクシー会社に転職するなら良い会社と悪い会社の特徴を体験談などから学ぼう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー会社に転職するなら良い会社と悪い会社の特徴を体験談などから学ぼう

タクシードライバーに転職して活躍したいと思ったときに、どのタクシー会社を選ぶべきかで悩んでしまうことがよくあります。
どの業界でも良い会社と悪い会社があるので、本当に自分に合っている魅力的な会社を選び出したいと思うでしょう。この記事では体験談などを参考にして、良い会社と悪い会社の特徴についてわかりやすく解説します。

働き方の自由について検討してみよう

タクシードライバーに転職するときの会社の選び方として、まず働き方について見てみるのが大切です。タクシードライバーの勤務形態は一般的な会社と同じ昼日勤だけではありません。
夜専門の夜日勤もあれば、隔日勤務と呼ばれる働き方もあります。隔日勤務は朝から働き始めて、深夜過ぎから翌早朝くらいまで働く長時間勤務です。ただ、夜を明けたその日は休みになるので、プライベートの時間を満喫することができます。夜も働ける人なら仕事もプライベートも頑張れる環境を手に入れられるでしょう。昼や夜に限定せずに働き方を選べるのは良い会社だと考えられます。

長時間勤務がつらいのではないかと懸念する人もいますが、実際にタクシードライバーとして働いている人は隔日勤務を選んでいることが多くなっています。体験してみると「休憩を取りながら働けるから意外なほどに楽だった」という声が多いのが隔日勤務です。「仕事とプライベートのメリハリができて生活が充実するようになった」という声もあります。
多くのタクシー会社が隔日勤務を取り入れているので転職のときには前向きに検討してみましょう。実際にそのタクシー会社で隔日勤務をしている人の体験談を見てみると本当に自由があって働きやすいのかどうかがよくわかります。

給料の仕組みを比較してみよう

どのタクシー会社が良いのかを見極めるときには収入について考えている人も多いでしょう。タクシー会社の良し悪しは給与の仕組みに基づいて考えることも大切で、人によって大きく異なる可能性があります。タクシードライバーの給料は大きく分けると三つのパターンがあります。
固定給、歩合制、そして固定給と歩合制を組み合わせたものです。歩合制の場合にはタクシードライバーが乗務をこなして出した売り上げの一部が給料になります。そのため、大きな売り上げを出せば給料も増えるのでモチベーションが上がりやすいでしょう。ただ、売り上げが低いとそれだけ給料が減ってしまうのでプレッシャーにもなるのは確かです。

固定給の場合には売り上げがあってもなくても同じ給料を受け取れます。利用者が本当に少なくて困ってしまったときにも生活に困ることがないのは魅力ですが、漫然としてしまって仕事のやりがいを見失ってしまうリスクがあることが知られています。
一方、固定給と歩合制を組み合わせている給与体系は人気が高いものです。最低限の生活ができるような基本給が定められていて、上乗せで歩合を受け取れることからモチベーションも上がりやすいからです。「頑張れば稼げる環境にして良かった」という声を上げている固定給の会社から歩合も支給される会社に転職した人もいるので参考にしておきましょう。

職場環境を比べておこう

良い会社と悪い会社を区別する上では職場環境の特徴を確認するのが大切です。働きやすい待遇を与え、環境を整えているかは会社によってかなり違いがあります。良い会社では残業時間も短く、有給休暇の消化率も高い傾向があり、職場の雰囲気も良くて協力して働いていこうという様子があるのが特徴です。悪い会社では残業が多いだけでなくシフトの自由度も低くて自分が希望するワークスタイルを実現できない傾向があります。
また、職場も殺伐としていて競争するような雰囲気が強いケースがあります。このような職場環境でも頑張れる人もいますが、落ち着いて働けるようにしたい人にとっては厳しいと言わざるを得ないでしょう。このような環境があるのが原因で転職しているタクシードライバーも少なくありません。

実際にどのような環境から抜け出して他のタクシー会社に転職したのかを見てみると、どの会社を選ぶと良いかがわかりやすくなるでしょう。タクシー会社では宣伝も兼ねてタクシードライバーへのインタビュー記事を掲載していることがあります。転職サイトなどでも実際に転職した人がどのような体験をしたかを紹介していることがあるでしょう。
このような口コミを通して自分に合っている環境がある職場を選び出すのが大切です。複数のタクシー会社を比べてみると魅力も問題点も浮き彫りにされるので選びやすくなります。タクシードライバーが集まってきていて、実績も伸びているのは良い職場環境があることを示唆しているので、詳しく調べる会社の候補を決めるときには従業員数や実績も参考にしましょう。

社員が喜んでいる会社を選ぼう

良い会社と悪い会社の判断は最終的には自分自身で行わなければなりません。タクシードライバーに与えられている待遇は向上してきているので、ここに挙げたような特徴をよく考えて自分に合う条件を考えてみましょう。
働きやすい職場環境を積極的に整えていて、社員からの喜びの声が目立つ会社を選べばきっと充実した生活を送れるようになります。