タクシードライバーへの転職を考えている人のための業界の裏側と給与

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーへの転職を考えている人のための業界の裏側と給与

タクシードライバーの仕事は働き方次第で多くの収入を得られます。しかも年齢に関係なく仕事をすることが可能です。原則一人で業務を行う関係上人間関係に悩むことが少ないとも言われています。また、勤務時間もシフト制の関係で調整の可能性があります。ここでは、このようなメリットのある仕事をこなす上で知っておくべきこと解説します。

タクシードライバーとして働くために知っておくべき歩合率の裏側

タクシードライバーには歩合制という特有の給与体系があります。一旦会社から出庫した後は自由に車を走らせて会社からの指示を受けずに自由に業務を行う故の給与体系です。タクシー会社は歩合制によって売上げの多い人にはその分を給料として還元する態勢を整えています。しかし、労働基準法の定めによって労働時間に応じた一定額の給与保証をしなければなりません。そのために基本給として最低でも支給される給料が決まっています。気をつけなければいけないのは基本給を受給するための条件です。最低限の出勤日数や売上げノルマなどが受給条件となっていることがあります。この条件を満たさなければ最低限保証されると考えていた額がもらえないことも十分にあり得るのです。

歩合制の歩合率はタクシー会社によって異なります。その仕組みはさまざまです。売上げに段階をつけて売上が高いほど歩合率が高くなるように定めている会社、特定額を超えた時に高い歩合率となるように定めている会社、一定の額までは一律に低い歩合率を定めている会社、出勤日に応じて休日出勤に歩合率が上がるような仕組みの会社などがあります。歩合率が分からなければ、同じ業務内容・時間で同じ売上げを出した時の給与を他社と比較できません。そのために売上げによる歩合率の変動やその率、勤務日数と歩合率の関係などをしっかりと把握しておく必要があります。会社の担当者に確認したり、求人担当者のサポートを受けることが不可欠です。

努力次第で高給を稼げるとタクシードライバーへの転職を考えている人が理解しておくべきこと

タクシードライバーすべてが簡単に稼いでいるわけではありません。給与体系は歩合制です。勤務時間に応じて変化する乗客の状況や場所を把握しておくなどのしっかりとした準備と計画的な運行を実践しなければなりません。現在の収入に満足できなかったり、当座の運転資金を稼ぐ目的だったりといった単純な理由だけでタクシードライバーに転職しても思ったより収入が少なくなることもあり得るのです。

タクシードライバーは健康に注意する必要があります。タクシードライバーの仕事は勤務形態が特殊です。その働き方には夜中に働く夜勤、日中だけ働く日勤、時間単位で働く定時制、労働基準法の一日拘束時間が21時間以内との規則に基づいて一日おきに勤務する隔日勤務などがあります。運動不足や睡眠不足もあり得るので、しっかりとした管理が必要です。

タクシードライバーにはクレームなどの対応場面が多々あります。乗客の文句、乗車賃支払拒否、酔っ払い対応、暴力などです。最近はドライブレコーダーなどの完備で減ってはいますがゼロではありません。接客不慣れの間はこのようなクレーム事案による精神的苦痛を受ける可能性もあります。
車を運転するドライバーという仕事で交通事故は無い越したことはありません。しかし、事故が起こるときには起こります。事故が起こった後の会社の対応について担当者に確認しておいた方が良いでしょう。

どんな仕事も慣れるまではサポートが必要です。タクシードライバーにはしっかりとした計画と運行技術が求められています。そういった稼ぐためのスキルは一朝一夕に出来上がるものではありません。転職にあたっては会社のサポート態勢も確認が必要です。

タクシードライバーとして高い年収を得るためのコツ

タクシードライバーの平均年収は地域によって大きな差があり、個人差もあります。全国で最も平均年収が高いのは都内です。地域によって差があるものの工夫と努力次第で平均年収を上げることができます。タクシードライバーの給与は歩合制です。乗車率が高ければ、売上げが上がるわけですから稼げます。人通りが多ければ乗車率が高くなる可能性がありますから、都内タクシードライバーの平均年収が高いのも納得です。

そんな都内のタクシードライバーの中でも高い平均年収を得ているのは長距離の客を多く乗せている人だと言われています。そのような集客は的確な情報収集によって実現可能です。情報収集は常日頃接しているイベント情報やカレンダーで大安吉日となっている土日の情報、過去の自分の営業収入記録、乗客や街で聞いた話などのすべてを記録して整理しておきます。
これを続けることは大変です。しかし、続けることによって刻々と変化する人の流れが見えてきます。人の流れが見えることで分かるのは乗客を探すときに狙うべき時間と場所です。高い平均年収を得るためには地道な情報収集が欠かせません。

タクシードライバーとして働くためには会社の歩合制やサポート態勢を知ることが大切

タクシードライバーは働き方次第で時間を有効に活用しながら高収入を得られる仕事です。希望する額の収入を得るためには会社の給与体系について理解しておく必要があります。
早く仕事に慣れるためには会社のサポートも大切です。転職にあたっては会社の担当者に給与の歩合制やサポート態勢などについてしっかりと確認しておく必要があります。