東京都内のタクシードライバーは稼げる!と転職して失敗するケースと高収入を得るための対策の詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都内のタクシードライバーは稼げる!と転職して失敗するケースと高収入を得るための対策の詳細

タクシードライバーは個人の頑張りが収入に直結する仕事として、古くから理想の転職先とされていました。実際に異業種から転職して収入が数倍に増加した人もいますが、すべての人が多く稼げるわけではありません。中には収入が減ってしまい、転職したことを後悔するケースもあります。タクシードライバーへの転職で失敗する理由や多く稼ぐための方法について学びましょう。

歩合制の給料特有の不安定さが失敗と感じる理由のひとつ

#必ず客が乗るとは限らない

タクシードライバーの求人広告を読むと、個人の頑張りでいくらでも稼げるという内容がほとんどです。確かに多くの客を乗せればそれだけ収入も増えますが、どんなドライバーでも必ず稼げるわけではありません。

客商売は利用客の都合に左右されることが多いので、昨日は何人も乗せたのに今日はひとりも乗せていないということがあります。歩合制の給料なら客を乗せなければ収入を得ることはできません。

これは初心者もベテランも変わらない事実です。他の仕事の多くは拘束時間分の基本給が支払われますが、タクシードライバーはそのようにはなりません。そのため、多く稼げる一方で客側の都合に左右される、収入が不安定な仕事と言えます。

#人口が多いから多く稼げるわけではない

東京都内のタクシードライバーは他の地域よりも多く稼げるイメージがあります。日本でもっとも人口が多い地域であり、人口密度も高いことから短時間で何人も客を乗せることも不可能ではありません。

しかし、人口が多い地域はタクシー会社の数も多く、必然的に客を取り合う形になります。駅前など人の行き来が多い場所ではタクシー会社同士の競争が激しく、人が多いのにまったく客を乗せることができない日も珍しくありません。

時間ばかりを浪費してしまい、希望した高収入には至らない結果に終わってしまうのです。

生活サイクルの変化で体調不良になってしまうことがある

#タクシードライバーは夜勤が本番とされる理由

タクシードライバーで稼ぐなら夜勤に力を入れるのが最適とされています。

これは夜間の業務は割増料金が設定されているためです。同じ人数を乗せても日中より夜間の方が売上金額が多く、その分だけドライバーの収入も増えます。

また、夜間は公共の交通機関が動いていないため、タクシーの乗車率が上がります。日中よりも客を乗せやすいと言えるので、多く稼ぐには絶好の時間帯です。

#ドライバーの生活リズムが不安定になりやすい

その一方で夜間の運転は日中以上に緊張を強いられます。視界が狭く、疲労や眠気に襲われやすいためです。タクシー会社の多くは日勤と夜勤を一日で行い、翌日を休日とする隔日勤務を採用しています。

タクシードライバーは丸一日車両を運転して翌日に休む勤務スケジュールですが、このような生活は疲労が溜まりやすいのが問題です。仕事に従事する時間そのものは決して長くありませんが、変則的な勤務スケジュールなので心身を十分に休めることができません。

多く稼ごうとする前に体調を崩してしまい、転職に失敗したと後悔してしまいます。

サポート体制が充実している会社を選ぶことが大切

#転職者には適切な研修が不可欠

イメージ通りの収入を得られないと転職に失敗したと考えがちです。しかし希望する収入が得られないのはドライバー本人の技量よりも、タクシー会社のサポートが十分ではないことが理由の多くを占めます。

異業種から転職した人のほとんどは客を乗せて目的地まで運ぶ仕事のノウハウを持っていません。タクシー会社は多く稼げる人材を育成するためにも、この時点で適切な研修を行う必要があります。

しかし稀に、短時間の座学や運転指導を行っただけで現場に放り出す悪質な会社もあります。そのような会社ではタクシードライバーとして必要な姿勢を学ぶことができず、仕事の質も低いものになりがちです。

希望する収入を得ることも難しく、仕事へのやりがいも感じられずに離職に至ってしまう可能性も否定できません。タクシードライバーとして長く働くには最初の研修が非常に重要と言えます。

#健康管理もサポート

生活リズムが不安定になりがちなタクシードライバーの健康管理を支援するため、様々なサポートを行っている会社もあります。

半年に一度の健康診断を行ったり、会社に産業医を配置して健康管理についてのアドバイスをしたりと、会社によってその体制は様々ですので、積極的な取り組みを行っている会社を選択することがカギとなるでしょう。

タクシーを利用する客の気持ちを理解することが高収入への第一歩

タクシードライバーとして働く人の多くはどうやって客の数を増やすかに苦心しています。人通りが多い場所を流しても必ずタクシーに乗ってくれるとは限りません。

その一方で短時間に何人もの客を乗せ、多くの収入を得るドライバーがいるのも事実です。多く稼ぐには闇雲に車を流すのではなく、どのような時にタクシーを利用するのかを客観的に考えることが重要と言えます。

時間帯や場所に限らず、短距離でもタクシーに乗りたいと考える人はどのような状況に置かれているのかを把握することが高収入を得るための最低条件です。また、接客態度にも十分に注意しなければいけません。

タクシーにおける接客は車内でのマンツーマンが普通なので、身だしなみや言葉遣いに気を配ります。

多く稼げるドライバーは多くの固定客を持っている傾向があります。このドライバーの車に乗りたいと客の側から指名されることで、タクシー会社からも一目置かれるようになります。

客に好かれ、信頼されるドライバーになることが転職後の目標と言っても過言ではありません。