ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ノルマがあってきついなんてウソ!東京でタクシー乗務員としての転職のススメ

東京のタクシー乗務員の仕事はノルマがきつくて大変というイメージを持っていませんか。
ノルマという言葉だけに惑わされてはいけません。

今回はタクシー乗務員とノルマについて説明し、上手に転職する方法を紹介します。

タクシー乗務員とノルマの関係

タクシー乗務員として転職する際に気になるのは、どのくらいのノルマが課せられるのかといった点でしょう。
タクシー業界においてノルマは「足切り」と表現され、実際に多くの会社で取り入れられています。タクシー乗務員の賃金の計算方法は「基本給+歩合給+各種手当」です。歩合給は売上からノルマを引いた額に歩合率をかけたものであり、ノルマを達成して初めて支払われます。言いかえればノルマを達成することを大前提として給与体系が作られているのです。しかしながら、ノルマを達成できなかった場合でも基本給と各種の手当ては支給されます。そのためノルマを達成できなかったからと言って給与がもらえないというわけではありません。

基本給と歩合給の割合はタクシー会社によって異なります。基本給が高い会社であれば歩合給の割合は少なくなると考えましょう。基本給が低い会社ではリスクは上がりますが頑張り次第で稼げる金額が多いともいえます。

ただ、タクシードライバーというのは個々の頑張りが評価される仕事ですので、ノルマ達成にむけてプレッシャーをかけられることや、上司の嫌がらせなどもありません。そのため働きやすい職場であるといえます。
また、大手のタクシー会社ではノルマが設定されていないところもあります。

ノルマの達成は可能?

ノルマがある仕事は「きつい仕事」と感じる人も人もいるでしょう。
しかし、タクシー乗務員としてのノルマは、まじめに仕事をしていれば達成が可能です。例えば乗客をタクシー乗り場や駅で付け待ちすることや、無線での配車依頼への対応、流しでお客さんを上手に獲得するなどの当たり前の業務をきちんとこなしていれば難しいことではありません。
また、ノルマ達成後にもさらに売上げを伸ばし高い収入を得ているタクシー乗務員というのは、付け待ちの場所や時間、流しで現れるタイミングや場所などをしっかりと研究しています。

いかに効率よく乗客を獲得して売上げにつなげるかというポイントを良く知っているのです。

そのためタクシー乗務員の仕事は頑張れば頑張るほどに評価されるといえるでしょう。評価されることで仕事へのモチベーションが維持でき、働く楽しみを感じられます。さらに一般的な会社では給料の天井は40~50才くらいで訪れますが、タクシー乗務員の場合には経験を積めば積むほど給料を上げ続けることも可能です。
経験値が増えるとともに指名客も獲得できるようになり、さらなるやりがいを感じながら働き続けられます。

大手のタクシー会社であれば働きやすいメリットがいっぱい

東京でタクシー乗務員として転職を考えるのであれば、大手のタクシー会社に転職をするのがおすすめです。
ノルマに関しても比較的寛容な傾向にあり、大手は風通しの良い環境であるといえるでしょう

。また大手のタクシー会社であれば平均年収が中小規模のタクシー会社に比べて高いともいえます。大手で働くことは安定感があり、それなりの収入も期待できるのです。

また、タクシー会社の名前がブランド力を持っているため、顧客から選ばれやすいともいえます。その他にもタクシーチケットの契約を多くの企業と結んでいる場合も多くみられます。

タクシー代が会社持ちになることから優先してタクシーチケットのあるタクシーに乗る乗客も多いのです。さらに大手のタクシー会社は、積極的に顧客を獲得するよう力を入れていますので、専用の乗り場や配車アプリなどの充実させています。タクシー乗務員が乗客を獲得しやすいシステムが作り上げられていますので安心して仕事ができるといえるでしょう。また、福利厚生も非常に充実しているのが特徴で、まとまった休みをとることも可能です。

これまでの職場において休みが取りづらかった人からは、タクシー業界への転職で自由に使える時間が増えるようになったという声も聞かれています。

安定を求めるなら終身雇用は絶対条件

タクシー乗務員の平均年齢は非常に高いといわれています。
その背景にあるのが社員として働いている乗務員の定年が65歳という点でしょう。さらに定年になっても本人が希望すれば仕事を続けられ、定年後に再雇用されるケースも多くみられます。健康状態に問題がなく、安全運転が可能であれば70歳を過ぎても現役で働けるため、終身雇用で働ける仕事であるともいえるでしょう。また、研修期間をすぎ、一定期間仕事をすれば正社員として登用されやすいといったメリットもあります。そのため年を取ってからの転職であっても安定した仕事が得られ、これまでと変わらない暮らしができることから家族も安心していると答える転職成功者も多くみられます。

ただ、再雇用のシステムに関してはタクシー会社によって異なります。定年してからも長く働きたいと考えている人は求人をしっかりチェックしておくのがおすすめです。また、面接でも長く働く意思があるということを伝えておくのもいいでしょう。

人口の多い東京ではタクシーを利用する人が非常に多いため、タクシー乗務員は安定して稼ぐことができる職業です。

ノルマをきちんこなし、意欲的に働くことで多くの収入が期待できます。

長く働ける会社を探しているあなたへ

転職って年齢を重ねると不安が大きくなりますよね。
転職するなら長く勤められる環境の会社に入社したいものです。
・会社に勤めて長く勤めたことがない
・居心地がよくない会社に出会うことが多い
・働く環境が自分に合わない

こんなことでお困りではありませんか?
転職で大事なのは、自分に合った会社に入社することです。

蔦交通株式会社(日本交通グループ)

〒125-0041 東京都葛飾区東金町5-37-12

蔦交通では自分に合わせた勤務時間で働くことができます。


転職情報を見てみる