タクシー運転手に転職するメリットとデメリットとは?採用のポイントは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー運転手に転職するメリットとデメリットとは?採用のポイントは?

タクシー運転手は優良な転職先として注目を集めています。
タクシー業界は慢性的な人手不足のため、積極的に求人を募集しています。
採用のハードルは比較的低く、待遇も良いというメリットを持っています。

では、タクシー運転手に転職するデメリットはあるのでしょうか?
タクシー運転手に転職するメリットとデメリット、また採用のポイントなどに関して詳しく解説します。

タクシー運転手の業務とは?

タクシー運転手に転職を希望する人は多くいますが、タクシー運転手とはどのような仕事を行うのでしょうか?
まず一番の業務としては、乗客を乗せて目的地まで送り届けることです。

営業所から無線で連絡を受けて乗客の待つ場所まで迎えに行ったり、タクシー乗り場で客待ちをしたりと様々なパターンで乗客を乗せます。
タクシーのニーズは多方面に広がりを見せているため、高齢者の通院の送迎や妊婦の検診の送迎、子供の塾や習い事への送迎なども業務に加わってきます。
観光地ではタクシー運転手が観光客にガイドを行う観光タクシーというサービスもあり好評です。

このようなニーズの広がりに対応するために、スキルのある人材がタクシー業界には求められています。
タクシー運転手は日中働く日勤、夜に働く夜勤、一日置きに勤務につく隔日勤務という勤務スタイルがあるのが特徴です。
1日の業務は出社後、車両の点検や健康状態のチェックなどを行い営業所でミーティングをし乗務を開始します。
1日の勤務につき3時間の休憩をとることが義務付けられているため、自分のタイミングで休憩や食事をとることができるので楽です。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手のメリットは、転職しやすいという点があげられます。
タクシー業界ではタクシー運転手が不足しているため採用に積極的です。

一般的な企業では40代になると転職での採用が難しくなりますが、タクシー運転手は求人の年齢制限ないケースも多く、40代以上の未経験であっても転職することが可能です。
経験がなくても問題がなく、入社後にタクシー会社が二種免許取得の費用などを補助してくれることも多いため免許がなくても大丈夫です。

勤務時間の自由度も高く、プライベートがしっかりと確保できるのもメリットです。
家族との時間を持ったり、趣味を楽しむ時間を持つことができるので、メリハリのある生活を送ることが期待できます。

歩合制なので、稼ぐ意欲があればしっかりとした収入を得ることができます。
転職を機に収入を増やすことに成功したケースも多いです。
優遇も良いタクシー会社が多く、きれいな寮が完備されていたり、営業所に仮眠室やシャワー室、浴室があるタクシー会社もあります。

働きやすい環境を整備されているため、長く勤めることができるのが特徴です。

タクシー運転手のデメリット

タクシー運転手のデメリットとしては、長時間の運転を苦痛に感じる人には向いていないという点があります。
勤務中は基本的に車に乗っているので、運転がある程度好きな方が長続きします。

長時間運転することもあるため、腰などに持病がある場合には体の負担になってしまうこともあるので注意が必要です。
またタクシー業務は個人プレーのため、ほかのタクシー運転手との交流があまりないという点もあげられます。

営業所に戻った時などに、ほかの運転手と話す機会もありますが、時間が合わなければ顔を合わさないことが多いです。
一人の時間が長いので孤独を感じることもあります。

歩合制ですのでタクシー運転手は自分で積極的に業務をこなしていくことで収入を増やすことが可能ですが、逆に業務に取り組まずに怠けていると収入を伸ばすことができません。
多くのタクシー会社に採用されている隔日勤務が合わずに、体力的に限界を感じる人もいます。
多くの人はある程度、隔日勤務を続けていると慣れることができますが、中にはどうしても隔日勤務に馴染めないというケースもあります。

タクシー運転手の採用のポイントとは?

タクシー運転手は、経験や年齢などによる採用のハードルが低いため転職しやすい職業とされていますが、採用基準を満たさない場合には不採用になるケースも当然あります。
不採用になる場合には明確な理由があることが多いです。

理由として考えられるのが、事故歴や違反歴がある場合です。
小さな違反の場合には、そこまで採用に響くことは考えにくいですが、飲酒運転など重い違反をしている場合には採用に影響します。
次にタクシー運転手の業務がこなせるだけの健康な状態であるかということがポイントになります。

乗客を乗せて運転をするためタクシー運転手は健康であることが求められ、体調が思わしくなかったり持病などがあったりする場合には不採用になることがあります。
体調面に不安がある場合には、事前に健康診断を受けて自分の健康状態をしっかりと把握しておきましょう。

タクシー運転手は単なるドライバーではなく接客業でもあるので、他人と話すのが苦手な人は向いていないと判断されることがあります。
おしゃべりである必要はありませんが、乗客が気持ちよく利用できるように最低限のコミュニケーション能力が必要です。