タクシードライバー仕事のメリットとデメリットは?転職をするならタクシー運転手を考えてみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバー仕事のメリットとデメリットは?転職をするならタクシー運転手を考えてみよう

転職情報で目に付きやすい職種と言えば、タクシードライバーの仕事がそのひとつです。公共の移動手段なだけあって仕事内容のイメージも持ちやすく、新たな仕事として検討をする人もいるのではないでしょうか。
タクシー運転手への転職をする場合、どのようなメリットやデメリットがあるのか気になるところです。ここで仕事の特色について確認をしてみましょう。

好待遇で働けるメリット

タクシー運転手の仕事は、好待遇で働けるチャンスがあるのが魅力です。会社によっては入社祝い金の付与をはじめ、免許取得のサポートや所定期間の給与保証をしてくれるなど、圧倒的な待遇で迎えてくれます。
さらには年齢や学歴、職歴などを不問でチャレンジできるケースも多く、採用面での間口が広く設けられている魅力もあります。歩合制を採用しているタクシー会社が主ですので、働き方次第では年収を大きく上げることも可能でしょう。
実際、他業界からの転職者で、前職よりも収入が増えたというケースも珍しくありません。
特に人の移動が多い都内の場合は、タクシーの需要が安定的で収入に繋げやすい環境があります。未経験の場合だろうと、充実の研修制度を用意する会社を選ぶことで、スムーズに戦力として活躍できるはずです。

なお、都内にはタクシー会社がいくつもあるため、しっかりと内容を吟味して選び出すことが大切です。待遇面はもちろんのこと、会社の知名度や実績なども働く上での重要なポイントとなります。基本的には大手ほど乗車率を高めやすく、安定的に長く勤められるでしょう。

ストレスの多い仕事が嫌になった人から人気

仕事上のストレスの内容で多いのが人間関係と言われています。いくら仕事が楽しかったり待遇が良かったりしても、上司や同僚などとの関係が良くないことでイライラを感じてしまう人もいるでしょう。
それが理由で転職をする例も少なくないとされていますが、転職先としてタクシードライバーの仕事が選ばれることがあります。無論、タクシー運転手がノーストレスなわけではありません。
しかし基本的には個人行動であり、もしも苦手な利用客がいたとしてもずっと関わり続けることがない分、気楽さがあります。毎回新たな出会いがあることで、楽しみながら働けるという現役タクシードライバーの声も散見されます。

ストレス繋がりで言えば、働き方に自由度があるのもタクシー運転手の良さでしょう。休憩時間を自分で決められるため、自身のペースで働けるほか、休日もしっかりと確保されていますのでプライベートも充実させやすいです。
自由が持ちやすい職種であることで、仕事そのもののストレスを抱えにくく、メリハリのあるライフスタイルを築きやすいと言えるでしょう。

デメリットは事故リスクの増加

タクシーを生業にする上でのデメリットとしては、事故リスクが上がることが挙げられます。常に車に乗り色々な場所を走る必要がある上、都内の複雑な地理がホームグラウンドとなることで、高い集中力をもって運転をしないと事故に見舞われる恐れがあります。長く走っていれば疲労も蓄積し、夜間や天候の悪い状況ならばさらなるリスク増が避けられません。
しかしながら工夫次第では事故リスクを軽減することもできます。
疲労を感じたら無理をせず休憩をとる、不調を感じている場合は会社に申し出て乗車を休むなど、安全のために正しい選択をするのもプロドライバーとしての役割です。

できるだけ早い内からタクシー運転手への転職を決めることも推奨されます。50代や60代からでもできる仕事ではあるものの、運転の技術の習得や地理に詳しくなるには少しでも若い方が有利です。
特に、最難関と言われる東京の地理試験への合格の必要性を考慮すれば、早い段階でのチャレンジが吉でしょう。

働き方によっては収入が上がらない可能性も

努力次第で大きく稼げるようになるのがタクシー運転手の特徴です。逆に、努力を怠ってしまうと稼ぎにくくなるのもひとつの特徴でもあるのです。
というのも殆どのタクシー会社では歩合制を採用しており、これが収入の明暗を分けるシステムでもあります。月間に沢山稼ぐことができたドライバーなら歩合によって大きく給与に還元をしてもらうことができますが、そうではないドライバーは給与が少なくなります。
歩合制にプラスして基本給を用意する会社も多いものの、給与全体では歩合の割合の方が大きい以上、努力なくして稼ぐことは難しいのです。

しかしながら歩合制には、頑張りが正当に評価されるシステムというメリットがあります。頑張った分だけ給与に反映してもらうことができますので、自らの力を試したい人に打って付けの給与体系と言えるでしょう。
働き方に裁量が持てる仕事でもあるため、いかにして多くの利用客を獲得するのか、戦略的な勤務の仕方が求められます。

タクシードライバーという生き方

タクシーの需要が多い都内では、好待遇の求人が溢れています。経験や年齢などにネックがある場合でも、タクシーの仕事ではハンデにならない可能性が高いです。転職を考える全ての人におすすめの仕事であり、もちろん男性だけでなく女性にも適しています。運転免許の取得支援を用意するタクシー会社もありますので、免許がなくても諦める必要はありません。