タクシー会社に転職するメリットや魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー会社に転職するメリットや魅力とは

就職先として人気の仕事の一つが、タクシー運転手です。
なぜ人気があるのか、それはタクシー運転手という仕事には、そこにしかない魅力がたくさんあるからに他なりません。
ただ、タクシー業界は独自の給与体系や世界観、ルールがあるので、実際にそこで働いてみないとわからないことも多いです。

今回は、タクシー会社に転職する際の参考になるように、タクシー会社に転職するメリットや魅力について紹介していきます。

中高年でも転職が成功しやすい

日本の企業は働き手の年齢を重視する傾向があり、35歳以上になると就職が困難になってしまうケースが多々あります。
40~50代の中高年世代になるとさらに就職が難しくなり、年齢制限を超えると応募すらできなくなってしまうこともあるでしょう。

しかし、タクシー運転手には年齢制限というものがなく、中高年や女性でも採用されやすい業界です。
タクシー運転手の平均年齢は58歳とされており、他の職種を含めた全産業平均を大きく上回っています。
転職が成功しやすく、高齢になってもタクシー運転手として働くことが可能なのが、この職業の大きな魅力の一つです。

転職活動における労力はとても大きく、たくさんの企業に応募して就職が決まらない時の不安感やストレスは想像を絶します。
タクシー業界は深刻な人手不足に悩まされており、応募してから一週間程度で入社することも不可能ではありません。

生きていくためには、働いてお金を稼ぐ必要があります。
年金の支給開始年齢もどんどん引き上げられていますし、将来、年金がもらえない可能性もゼロではありません。
いくつになっても就職しやすい、転職が成功しやすいというのは、タクシー運転手の大きなメリットです。

人間関係のわずらわしさがない

職場での悩みやストレスの原因は、人間関係が多いです。
壊れてしまった人間関係を元に戻すのは大変で、修復が不可能なほどどうしようもなくなると、転職したいと考えるようになることもあります。

タクシー運転手は一般的なサラリーマンとは異なり、個人行動が基本です。
上司や同僚と顔をあわせるのは、基本的に最初と最後に営業所に寄った時のみで、勤務時間のほとんどは1人で過ごすことになります。
タクシー運転手は同じ会社の同僚や上司と常に顔を合わせる必要がなく、人間関係のわずらわしさに悩まされる心配が少ないのです。

乗客への接客は必要になりますが、タクシー運転手とお客さんの関係は一期一会になることが多いので、人間関係の問題が起きても尾を引くことはあまりありません。
人間関係のトラブルが少なければ、その職場で長く働けるようになります。

タクシー運転手になれば腰を据えて仕事に取り組むことができ、じっくり運転技術や接客技術を磨いて収入アップを目指すことができるでしょう。

高収入を目指すことができる

タクシー会社のほとんどは歩合制という特殊な給与体系を採用しています。
歩合制とは、個人の売り上げに応じて給料の額が決まる制度のことです。

固定給の会社員の場合、どんなに一生懸命働いても給料の額は基本的に変わることはありません。
しかし、タクシー運転手の場合は、頑張れば頑張るほど成果が上がって、給与がどんどん高くなる可能性があります。
地道な努力を繰り返すことで、それが自分の給与に反映されるのがタクシー運転手の魅力的な部分です。

頑張れば、タクシー運転手でも年収600万円以上稼ぐことも夢ではありません。
人口密度が高く、タクシーを利用する人が多い都内であれば、年収800万円以上稼いでいる人もいます。
誰でも簡単に高収入が得られるわけではありませんが、タクシー運転手は実力や努力次第でたくさん稼げる、大きなやりがいや達成感がある仕事と言えるでしょう。

ただ、入社したての新人ドライバーの場合、収入が不安定になりがちな歩合制に不安を感じることもあります。
そういう時には、給与以外の経済的補償となる、福利厚生をチェックしましょう。

乗務開始から一定期間給与を保証する給与保証制度があれば、仕事に慣れるまで給料が保証されているので助かります。
有名な大手企業であれば、かなり充実した福利厚生になっていることが多いです。
充実した会社の福利厚生制度を有効活用することで、タクシー運転手として安心して働いていくことができるでしょう。

未経験でも心配ない

多くの業界では、転職は即戦力となる経験者が有利となります。
しかし、タクシー運転手の場合は、未経験でも問題なく転職することができます。
大手のタクシー会社には、それぞれ独自の研修カリキュラムや会社の方針があるため、 むしろ未経験のほうが歓迎される場合もあるようです。

タクシー運転手として働くためには運転免許の他に第二種普通運転免許というものが必要になりますが、ほとんどのタクシー会社では、二種免許の取得するための費用を負担してくれるため安心です。
大抵のタクシー会社では研修期間中も給与が発生し、未経験者にとってこのシステムは非常に助かるでしょう。

優良のタクシー会社では、何百人と未経験者を育ててきたベテラン教育スタッフがいます。
未経験でも安心して転職できるのが、タクシー運転手の大きな魅力となっています。