タクシー乗務員への転職を成功させる本当に良いおすすめの労働条件とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシー乗務員への転職を成功させる本当に良いおすすめの労働条件とは

タクシー業界は高齢者が非常に多く人材が不足しています。特に都市部はタクシー利用者も多いため求人情報も沢山あります。

人材不足の影響を受け、未経験者でも採用されやすくなっていますが大事なのはどんなタクシー会社を選ぶかです。

これからタクシー乗務員に転職して成功するには、どんなタクシー会社を選べばいいのでしょう。

良いタクシー会社は制度が充実している

タクシー会社を決める判断基準は色々あります。

まず注目するのは給与ですが、タクシー乗務員には二通りの給与形態があります。固定給と歩合制を合算する場合と完全歩合制にわかれます。歩合の割合はタクシー会社によって違いますが、大体売り上げの半分程度といわれています。

一見、歩合制は未経験者にとってハードルになりそうな印象を与えますが、給与保証制度を設けてタクシー乗務員が困らないようにしているタクシー会社もあります。中にはボーナスを支給するところもあるようです。

福利厚生も重要です。労働保険を利用できるかは会社を選ぶ上で大きな判断基準になります。

勤務時間に関してタクシーは昼勤と夜勤がありますが、希望の時間帯を選べる会社かどうかが大切です。時間帯に関して融通が利くタクシー会社であれば病欠や緊急時に有給を申請しやすいです。

運転中の事故や車の故障などの非常事態が発生した時に、タクシー会社がどういった対応をとるのかも確認しておくと安心です。

大手のタクシー会社と規模の小さいタクシー会社では社内の雰囲気や待遇が違う

タクシー会社は大小様々な規模の会社が存在し、それぞれにメリットとデメリットがあります。

大手のタクシー会社は乗務員の数や保有しているタクシーの台数が多く、全体の売り上げ額も大きいです。立地が良くアクセスしやすい場所に営業所があり、人の出入りが激しい場所に専用乗り場を確保しているため安定して利用客を見つけやすいです。

新規乗務員希望者を募りやすい環境作りとして第2種免許取得をバックアップしたり、研修期間を設けています。給与や福利厚生に関しては、完全歩合ではなく半分を固定給で支払うことで最低限の給与を保証しています。

大勢の乗務員が在籍するタクシー会社は予定が組みやすいです。当人が希望すれば労働時間を増やしたり、急に早退しなければいけない場合は埋め合わせ要因を確保しやすいです。

融通が利きやすいですがその一方、営業面で一定のノルマを設定していることがあります。小規模のタクシー会社は乗務員の数が少なく上司や経営者との距離が近く話し合う機会を持ちやすいですが、専用乗り場を持たないことがあり、売り上げに影響を及ぼす可能性があります。

タクシー会社の規模だけでは良い職場かどうかを判断するのは難しいです。長期的に働ける職場を見つけるには自分が求めている環境に該当するかを見極める必要があります。

自分に必要な情報収集が大事

タクシー会社選びで失敗しないためには情報収集が必須です。まずはタクシー乗務員の求人情報を専門的に扱っている雑誌やウェブサイトに目を通しましょう。募集求人を見ることで給与の相場を確認できます。タクシー乗務員に関しての基礎知識を得ることもできます。

求人情報は他の場所にもあります。代表的なのは職業安定所です。希望する会社への紹介や面接の段取りをしてくれます。勤務先の職場環境が求人情報とかけ離れていた場合、相談できるのが職業安定所の強みです。休みが多いから選んだ職場でまったく休めないというトラブルも相談できます。

タクシー会社によっては就職希望者向けに会社説明会を実施しています。業務内容や福利厚生の詳細に関して質問することもできます。

希望するタクシー会社に直接訪問し、会社の雰囲気を感じるのもいいでしょう。在籍しているタクシー乗務員に職場の待遇などを聞くのも貴重な情報源になります。自分が求めている働き方や休みの取り方ができるかなど、込み入ったことも現役のタクシー乗務員なら把握しているからです。

長く続けるには人間関係も重要

勤務中、タクシー乗務員は一人で過ごすことが多いですが、それでも会社の同僚や上司との関係は良好な方がいいです。勤務時は一度会社に顔を出す必要がありますし、休憩時間に励ましあえれば仕事への意欲を維持することもできます。

経験が浅いとお客を拾えないこともありますが、そんな時に仲の良い同僚や先輩がいれば相談や気分転換ができます。他業種から転職してきた場合は、研修期間を終えていても仕事のコツを掴むまでは不安もあるでしょう。先輩や熟練者はお客を拾いやすい場所と時間帯を熟知しています。

社内に話し合える仲間が入ればアドバイスをもらって業務へ活かすことができます。求人情報だけでは人間関係までは把握できません。見学や業務体験ができる会社もあるので、転職を検討中の会社に体験制度があれば試してみましょう。

良いタクシー会社を見つけるには地道な情報収集が必要

転職が前提の場合、良いタクシー会社とは自分が求めている条件をクリアしている会社です。条件に見合う会社を見つけるには、地道に情報収集をするしかありません。

色んな媒体で求人情報を閲覧できますがそれは書類上の情報です。タクシー会社に出向いたり働いているタクシー乗務員から直接聞いたほうが有益な情報が集まりやすいです。待遇や労働条件を決めたら、気になるタクシー会社を厳選して検討しましょう。