タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タクシードライバーに転職して後悔や不安に思うことは?タクシードライバーとして続かない理由は何?

タクシードライバーとして働きたいと考えていても、ドライバーの経験がないとどういった仕事なのか不安に感じる人もいるでしょう。
そこで、この記事ではタクシードライバーの転職で後悔した人はどのような理由なのかをご紹介していきます。
また、働いてはみたけれど長く続かなかった人の特徴も合わせて解説していきますので、是非参考にしてみてください。

タクシードライバーの転職で後悔する理由

タクシードライバーの転職で後悔をする理由は人によって様々あります。基本的には、自分が想定していたことと実際の環境が違った場合がほとんどです。

#想定していたよりも給料が少なかった
タクシー会社によって給与形態に違いがありますが、中には固定給が少なく歩合制の割合の方が多い会社もあります。そういったタクシー会社で働く場合は、実力があってお客様をたくさん獲得できるなら稼げます。しかし、タクシードライバーとして初めて働く人で仕事そのものに慣れていない初心者だと、多くのお客様を獲得するのは難しいのが実情です。そのため、歩合制のタクシー会社で働くと想定よりも給与が少なくなってしまい、後悔をする人もいるでしょう。

#拘束時間が長い
タクシードライバーは一般的な会社のように8時間勤務ということは無く、隔日勤務といって出庫準備から帰庫処理、車の洗車までを1人で行い、長時間の拘束をされることがほとんどです。また、長時間の運転で腰に負担が掛かり、疲れが溜まりやすいと感じる人もいます。前職にもよりますが、同じような姿勢を続けるのが苦痛で後悔をする人も少なからずいるようです。

#年中無休で休みが取れない
タクシードライバーは一般的な社会人とは違い、土日祝日が休みというわけにはいきません。特にゴールデンウィークやお正月休みなど普通の人が休んでいる期間は稼ぎ時で働いていることが多く、思い通りに休みを取ることが難しくなります。そのため、働いてみたら休みが取りづらくて後悔してしまう人もいます。

タクシードライバーが続かない人の特徴とは

タクシードライバーとして働いてみても、長く続かなくて辞めてしまう人もいます。最初は頑張っていても途中で限界になると、転職を考える人もいるでしょう。

#接客が苦手でお客様の対応ができない
タクシードライバーは、お客様を乗せて運転をするだけではありません。運転そのものは1人ですが、基本的には接客業になります。無口なお客様であれば車内での会話は最低限で済みますが、お話が好きなお客様の場合、相手に合わせて会話をする必要があります。また、クレームなどがある場合はその対応もしなければいけません。そのため、コミュニケーションを取るのが苦手な方や人見知りをする人はタクシードライバーとして働き続けるのは難しいでしょう。

#体調管理が大変
タクシードライバーは運転をする前に飲酒チェックなどを行います。これは飲酒運転を防止し事故を未然に防ぐ目的がありますが、お酒が好きな人にとっては辛いことでもあります。何故なら、運転をする前の日から飲酒を控えて自己管理をしなければいけないからです。飲酒チェックで引っかかってしまうとその日の運転はもちろん、タクシー会社によっては罰則を設けている場合もあります。また、飲酒だけではなくインフルエンザが流行している時期は体温を計測する会社もあります。そのため、日頃から自己管理を徹底して体調を管理する必要があります。それが面倒になり、タクシードライバーが続かない人もいるようです。

転職後に後悔しないために事前の準備をする

転職をした後に「こんなはずではなかった」と後悔をしないためには、事前の準備が重要です。

#口コミなどをチェックする
転職先の会社がどんな所なのかを調べる方法は限られますが、実際に働いていた人の声であれば信憑性が高いと言えます。特に口コミサイトなどにある投稿はチェックする価値が十分にあり、余程小さい会社でなければ、ほとんどの会社に対しての口コミは見つけられるでしょう。もちろん、口コミがすべて正しいというわけではないため、悪い口コミばかりだったとしても参考程度に留めておくのがおすすめです。

#面接での社風を見る
実際に面接に訪れた際に、会社の雰囲気をチェックする方法があります。例えば、従業員同士の会話などコミュニケーションがしっかりと取れているのか、訪れた際にあいさつがしっかりとできているのかなどです。1回見ただけでその会社のすべてを把握するのは難しいですが、少なくとも会社の雰囲気は掴めるでしょう。

転職して後悔したらどうすればいい?

転職をする場合、転職先がどのようなところなのか不安なため、ほとんどの人は入念にその会社を調べるでしょう。しかし、実際に働いてみないと分からない部分もたくさんあるため、働き出してから後悔をする人もいます。もし、転職後に後悔をした場合もとりあえずは一定期間続けて様子を見るのが良いでしょう。もちろん限度はありますが、タクシードライバーのスキルを身に着けておけば、次の転職活動で有利になる可能性もあるからです。研修をしっかりと受けて、基本的な接客スキルや地理の知識などを身につけておけば今後の仕事に生かせるでしょう。

また、転職回数が多いと再就職をする際に応募先の企業から「またすぐに辞めてしまうのでは」と思われる可能性があります。そのため、すぐに転職を考えずに数年程度は働き続けた方が良いでしょう。しかし、あまりにもストレスが大きくて耐えられそうに無いのであれば、無理をして続ける必要はありません。体を壊してしまっては意味が無いからです。もし、耐えるのが難しい職場なら新たな転職先をすぐに探すことを検討しましょう。