エキスパートなタクシードライバーの需要と活躍・よろこびを感じる瞬間とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エキスパートなタクシードライバーの需要と活躍・よろこびを感じる瞬間とは?

エキスパートドライバーと呼ばれるタクシードライバーは、これまでタクシーとは関係ない仕事をしていたという人でも、スキルや経験を活かして活躍できる可能性の高い職種です。
ここでは、主に介護タクシーのエキスパートドライバーの需要についてや活躍できる場所、よろこびを感じる瞬間や仕事へのやりがいなどを紹介しています。

エキスパートドライバーの需要

タクシー会社やサービスによって多少の違いはありますが、エキスパートドライバーとは付加価値の高いタクシーサービスを提供できるタクシードライバーのことをいいます。
一般に広く知られているのは観光スポットを案内できる観光タクシーのドライバーです。
ほかにも子供の送迎を専門としたキッズタクシー、高齢者のちょっとした買い物や外出などを手伝うタクシーサービスなどがあります。さまざまなエキスパートドライバーが求められるなか、需要が高まりつつあるのは高齢者や体の不自由な人の外出をサポートするサービスです。

介護系のエキスパートドライバーに必要なスキル

エキスパートと付く通り、エキスパートドライバーにはただタクシーの運転ができる第二種免許を持っているだけではなれません。タクシーの運転資格があることはもちろん、サービスに合わせた資格やスキルを習得している必要があります。
例えば東京の観光タクシードライバーになるには、多くの場合東京シティーガイド検定の取得が必要です。また、英語や中国語などが話せるとさらに役立つ人材となれるでしょう。
キッズタクシーのドライバーは子供に接することが得意といったスキルはもちろん、メディック・ファースト・エイドの資格や普通救命講習の受講など、意外なスキルが必要とされます。

介護タクシードライバーのやりがいやよろこび

高齢者や体の不自由な方は、家族や知人に送迎を頼まないと1人で外出することは困難です。
一緒に暮らしていて気軽に頼めるならいいですが、なかには離れて暮らしている方や家族にあまり迷惑はかけたくないから、と遠慮してしまう方もいます。それでもちょっと買い物に行きたい、墓参りや観光にも出かけたいと考える方は少なくありません。
そんなとき1人でも出かけられるのがタクシーを利用する方法です。しかし普通のタクシーを利用すると、乗り降りの際ドライバーに手伝ってもらう必要があるため、人によってはやはり遠慮したり気にしたりしてしまいます。

エキスパートドライバーに転職する際に気をつけること

ケアタクシーや介護タクシーの需要は、高齢化社会において高まっていくと予想されます。これまで介護やヘルパーといった仕事をしていた人は、エキスパートドライバーとして資格や経験を活かし、活躍できる可能性もあるでしょう。
ただし、幅広い支援ができるといっても、生活介助や医療行為をしてはいけないといった決まりもあります。あくまでもタクシードライバーとして、外出の際のサポートを中心にサービスを提供する仕事だということを理解しておく必要があるでしょう。

これまでの経験やスキルを活かせるエキスパートドライバーの仕事

エキスパートドライバーの中でも介護タクシーのドライバーは、外出したいけれど気軽にできないといった方をサポートし社会に必要とされる仕事です。
介護職やホームヘルパーをしていたという人は、特にスキルや経験を活かして働くことができるでしょう。需要も下がっていく可能性は低く、むしろこれからの社会に求められる仕事になりつつあります。