東京で働くタクシードライバーの給料は?平均年収や稼ぐタクシードライバーの特徴などを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京で働くタクシードライバーの給料は?平均年収や稼ぐタクシードライバーの特徴などを紹介!

タクシー業界は人材不足が問題になっているということもあり、タクシードライバーの需要は高くなっています。全国各地でタクシードライバーの仕事がありますが、中でも人気になっているエリアが東京です。今回は東京で転職を考えている人に向けて、働くタクシードライバーの平均年収や、稼いでいる人の特徴など役立つ情報を紹介していきます。

タクシードライバーの平均年収はどのくらい?

タクシードライバーの平均年収は、315万円ほどです。これは全国平均で、働くエリアによって平均年収は変わってきます。地方では平均年収230万円程度のエリアもあり、タクシードライバーで稼ぐためにはどこのエリアで働くかも重要になります。
東京だけで見るとタクシードライバーの平均年収は約400万円と非常に高い水準です。平均月収も約33万円と高く、全国的に見ても東京は稼ぎやすいエリアと言えるでしょう。
また、タクシードライバーは歩合制で働く人が多く、売上次第で給料は上下します。中には年収1,000万円以上稼ぐ人もいる程で、働き方次第で平均年収の倍以上を稼ぐことも可能な職業です。

稼ぐタクシードライバーの特徴は?

東京都内で働いているタクシードライバーでも、人によって稼いでいる額は大きく変わります。では、稼ぐタクシードライバーはどのようなポイントを意識して仕事しているのでしょうか。ここからは、稼ぐタクシードライバーの特徴を紹介していきます。

#実車率を上げることを意識している
稼いでいるタクシードライバーは、常に実車率を意識して仕事している人が多いです。実車率というのは、総走行距離に対してどのくらいの割合で、客を乗せていたかを示すものです。
例えば総走行距離が100kmだった場合、そのうち50kmの間客を乗せていたのなら、実車率は50%になります。歩合制で働くタクシードライバーは、売上が多くなればなるほど給料もアップします。
1日に走行できる距離には限りがあるため、実車率を高めることが給料アップに繋がるというわけです。
1ヶ月に同じ距離走っているタクシードライバーでも、実車率30%のドライバーと60%のドライバーでは給料は大きく変わります。タクシードライバーが稼ぐためには、実車率を意識することが重要です。

#客単価を上げて効率的に稼いでいる
タクシードライバーが稼ぐためには、客単価のことも考える必要があります。客単価は客1人あたりの売上です。もし1日に20人の客を乗せて、売上が4万円だった場合は単価が2,000円になります。同じ20人の客を乗せた場合でも、客単価2,000円のドライバーと1,500円のドライバーでは、売上も変わってくるというわけです。
客単価が高い乗客をたくさん乗せるほうが、効率的に稼ぎやすくなります。客単価を上げる方法は色々ありますが、一番は長距離の客を乗せることです。
短距離の客を何回も乗せるのが悪いわけではありませんが、次の客を乗せるまで空車の時間が長くなります。長距離の客なら空車の時間がなくなるため、実車率も上がり効率的に稼ぐことができます。

#得意なエリアをいくつも持っている
タクシードライバーは、人によって稼ぎやすいエリアが変わります。繁華街で客を掴むのが得意な人、駅を中心に稼いでいる人など様々な人がいます。
しかし、平均年収以上稼ぐような人は特定のエリアだけではなく、いくつも得意なエリアを持っているものです。例えば新宿区を中心に稼いでいる人の場合、他のエリアへ客を運んだ後にまた自分が得意な新宿区まで戻らなければなりません。
その間は空車になってしまうため、無駄な時間ができてしまいます。
得意なエリアをいくつも持っていれば、客を運んだ先でさらに新しい客を掴むことができ、効率的に稼ぐことが可能になります。

タクシードライバーの収入は給与体系によっても変わる!

タクシードライバーは基本的に歩合制で働いていますが、歩合制にもいくつか種類があります。どのような給与体系で働くかによっても収入は変わるため、タクシー会社を選ぶ時は給与体系に注目することも大切です。
歩合制というと、完全歩合制をイメージする方も多いでしょう。完全歩合制は、自分が稼いだ額によって給与が決まる給与体系です。たくさん売上があればその分給料も増えますが、売上が少ないと給料も下がるため不安定になりやすいというデメリットもあります。

歩合制でも固定給が貰える給与体系も多くなっています。固定給と合わせて歩合給も支給されるシステムで、自分が稼いだ分が固定給に上乗せされます。売上に関わらず一定の給与が貰えるため、収入が安定しやすい給与体系です。
ただし、固定給があるため完全歩合制よりは歩合率が低くなります。
稼ぐ自信があり高収入を得たい人は完全歩合制、安定性を求める人は固定給+歩合制というように、自分にあった給与体系を選ぶとよいでしょう。

稼ぎやすい環境が整った東京は転職に向いている!

東京はタクシードライバーの平均年収が高く、大手タクシー会社も多いということでタクシードライバーに転職するのに適したエリアです。
稼ぐためのポイントを知り、給与体系のことも考えて転職すれば、平均年収以上稼ぐことも十分可能でしょう。稼げるタクシードライバーになりたいと考えている方は、東京で転職活動を進めてみてはどうでしょうか。