自分のライフステージに合わせて活躍できる!タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自分のライフステージに合わせて活躍できる!タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由とは?

タクシードライバーは幅広い年代で活躍できる仕事です。新卒や第二新卒、30代のキャリアアップを考えた転職、そして定年後の再就職など、自分のライフステージに合わせて活躍することができます。また、タクシードライバーは昼日勤、夜日勤、隔日勤務などを自由に選ぶことができるので、個人の事情に合わせて柔軟な働き方ができるでしょう。今回は、タクシードライバーへの転職が幅広い世代から人気の理由を紹介します。

年代別のタクシードライバーが人気の理由

タクシードライバーへの転職には、世代を問わず人気を集める理由があります。それぞれの年代別に見た、タクシードライバーの仕事がおすすめな理由について紹介しましょう。

#20代にタクシードライバーが人気の理由

タクシードライバーは歩合制を採用しているため、努力次第でたくさん稼ぐことができます。若い間は体力があるので、長時間労働に耐えやすく、頑張れば頑張るほど売り上げを伸ばすこともできるでしょう。また、タクシードライバーの給与は成果主義なので、年功序列による不公平などがありません。

売り上げがダイレクトに給与に反映されるため、若い世代のドライバーも高いモチベーションを維持しやすく、毎日の仕事にやりがいをもって挑むことができます。

#30代にタクシードライバーが人気の理由

会社の中で中堅に位置する30代は、求められるスキルや実績が20代とは全く違います。30代は即戦力となる人材が求められるので、待遇のアップを目指した異業種への転職はとても難しくなるでしょう。しかし、タクシー業界は人手不足にあえぐ分、ほとんどが未経験歓迎の求人なため、経験がなくてもタクシードライバーになることができます。

また、先ほど伝えたようにタクシードライバーは実力主義であり、成果をあげれば年収の上限はなく、スキルさえ身につければ大幅な年収アップも可能です。「未経験でも転職できる」「高収入が目指せる」「煩わしい人間関係がない」などが、タクシードライバーへの転職が30代に人気がある理由です。

#定年後の働き方としてタクシードライバーが人気の理由

老後の生活費が不安だったり、働くことが好きだったりする人は、定年退職後に再就職を希望することもあるでしょう。60歳以上の再就職は難易度が高く、なかなか転職がうまくいかないことが多いです。

しかし、タクシードライバーは年齢上限が高いため、70~80代の方でも雇用している会社は多くあります。現に、タクシードライバーの平均年齢は「60.1歳」となっており、70歳を超えても働ける仕事としてシニアに人気があるのです。昼間の時間帯だけ働く日勤もありますし、休憩を取りつつ自分のペースで働けるので、体力に自信がなくても安心して働けます。

年齢だけでなく性別も不問!タクシードライバーが女性に人気の理由とは?

実は、タクシードライバーという仕事は男性だけでなく女性にも人気がある職業です。理由は、この業界特有の柔軟な勤務体系にあります。昼間のみの勤務である日勤勤務、1日働いて1日休みという隔日勤務、夜から翌朝にかけて働く夜日勤、従業員が働く時間を決められるフレックス勤務など、様々な勤務体系の中から自分にあったものを選ぶことができるのです。

結婚や出産、子育てなど、女性のライフステージは目まぐるしく変わり、どのライフステージにいるかによって働き方を変える必要がでてきます。しかし、タクシーでは数多くある勤務体系から働き方を選択できるので、ライフステージの変化に対応しやすいのです。

また、未経験者歓迎が多いため、「出産・育児でのブランクを機に未経験分野にチャレンジ」したい女性にもおすすめできます。タクシードライバーは接客業であり、女性ならではの気づかいやコミュニケーション力がお客さんに喜ばれることは多いです。そのため、女性ドライバーを積極的に募集している会社が増えてきており、女性が転職しやすい環境が整っています。

未経験でタクシードライバーに挑戦する場合どのような経験が活きる?

タクシードライバーに転職する場合、前職で積んだ経験を運転手として活かせる場合もあります。タクシードライバーは、一にも二にもお客さんとのコミュニケーションが大事になる仕事です。タクシードライバーで活躍するためには、初対面の人とも世間話で盛り上がれるような、ある程度のコミュニケーション能力が求められます。

そのため、お客さんをもてなすサービス業や接客業で働いていた人は、人との会話に慣れているのでやりやすいでしょう。

また、タクシードライバーは運転するのが仕事なため、運転技術や安全運転知識を身につけていると転職でも有利です。運送・物流業界でドライバーとして働いていたのであれば、すんなり仕事になじむことができるでしょう。

ドライバー職についたことがなくても、車の運転が好きだったり、無事故・無違反であることは面接の際のアピールポイントになります。前職の経験が活きると感じるものがあれば、面接時の自己PRで上手にアピールしてみましょう。

何歳になっても活躍できるタクシードライバー

ライフステージの変化に合わせて仕事を続けるというのは難しいもの。しかし、タクシードライバーは自分の生活スタイルに合わせて自由な働き方をすることができます。

定年を迎え、ある程度の期間ブランクがあったとしても働ける環境があるので、シニアドライバーとして再就職するのもいいでしょう。過去の経験が活かせそうだったり、腰を据えて長く働ける仕事を目指したりしているならばタクシードライバーへの転職がおすすめです。